メイン画像

台風14号は、九州を北上した後、本州付近を北東へ進むため、西日本から北日本の広い範囲で、20日火曜にかけて、影響が長引くおそれがあります。「特別警報」の出ている鹿児島県では暴風・高波に、宮崎県では大雨に、最大級の警戒して、命を守る行動をとってください。本州など、これから台風が近づく所では、早めの避難などを心がけてください。

台風14号 九州を北上した後 本州付近を北東へ

画像A

大型で強い台風第14号は、19日6時には九州北部だけでなく、中国地方四国地方の一部も、暴風域に巻き込んでいます。

台風は、九州を北上した後、進路を東よりに変えるでしょう。20日にかけて本州付近を北東へ進む予想です。今回の台風は、列島を縦断するようなコースをたどるため、西日本から北日本の広い範囲で、台風の影響を受けるおそれがあります。

予想される風の強さは?

画像B

今回の台風は、依然として「強い」勢力ですので、まずは暴風や高波に警戒が必要です。

西日本から東日本では、20日にかけて暴風となり、特に、九州北部地方では19日朝までは、飛来物によって負傷したり、走行中のトラックが横転するおそれもある猛烈な風が吹きそうです。

19日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州北部地方、中国地方:35メートル(50メートル)
四国地方近畿地方:30メートル(45メートル)
九州南部:28メートル(40メートル)
北陸地方東海地方:25メートル(35メートル)

20日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
中国地方近畿地方北陸地方:30メートル(45メートル)
四国地方東海地方東北地方:25メートル(35メートル)
の見込みです。

予想される波の高さは?

画像C

また、西日本ではうねりを伴って猛烈なしけとなり、東日本や北日本でも大しけとなる所があるでしょう。

19日に予想される波の高さは、
九州南部、四国地方:11メートル
九州北部地方、近畿地方:10メートル
中国地方東海地方:8メートル
奄美地方、関東甲信地方:6メートル
北陸地方:5メートル

20日に予想される波の高さは。
中国地方:8メートル
九州北部地方、四国地方近畿地方北陸地方東海地方:7メートル
関東甲信地方、東北地方北海道地方 6メートル
となっています。

すでに、鹿児島県には、暴風特別警報、波浪特別警報が発表されています。暴風や高波に、最大級の警戒をしてください。さらに、九州南部と九州北部地方では、不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重な警戒が必要です。

また、西日本では、うねりを伴った高波に厳重に警戒し、東日本や北日本でも、暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。

予想される雨量は?

画像D

この台風の影響で、九州では、宮崎県を中心に、宮崎県では「記録的な大雨」や「これまでに経験したことのないような大雨」となっています。

今後は、台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、20日にかけて西日本や東日本では猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。北日本でも20日は大雨となるおそれがあります。

20日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
四国地方東海地方:400ミリ
近畿地方、関東甲信地方:300ミリ
中国地方:250ミリ
九州北部地方:200ミリ
北陸地方:150ミリ
北海道地方:120ミリ
九州南部:100ミリ

その後、21日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
北陸地方東北地方北海道地方   100から150ミリ
東海地方、関東甲信地方        50から100ミリ
となっています。

「線状降水帯」発生のおそれも

画像E

そして、九州北部地方、中国地方四国地方では19日日中にかけて、近畿地方では20日午前中にかけて、東海地方では19日夜から20日午前中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。

線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

宮崎県大雨特別警報を発表しています。九州南部では、土砂災害に最大級の警戒をし、河川の増水や氾濫に厳重な警戒をするなど、命を守る行動をとってください。

また、九州北部地方でも記録的な大雨となり、大雨特別警報を発表する可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。

その他の西日本、東日本や北日本でも、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するとともに、最新の気象情報や台風情報を確認し、早めの避難などを心がけてください。

大型で強い台風14号 九州は暴風・高波・大雨に最大級の警戒を 大荒れエリアは東へ