台風14号や線状降水帯に、今後も注意・警戒を

画像

大型の台風14号は、10時現在、下関市付近にあって、
北東に15km/hで進んでいます。中心の気圧は975hPa、
最大風速は30m/sとなっています。
今後、台風は20日にかけて本州の日本海側を北東へ進み、20日夜まで
には日本の東で温帯低気圧に変わる見込みです。西日本から北日本
の広い範囲で20日にかけて台風の影響を受ける恐れがあります。

現在、九州地方に発表されていた特別警報は解除されていますが、
関東地方からの西の地域では、多くの地域で大雨警報や洪水警報、
土砂災害警戒情報などが発表されています。
今後も、西日本から北日本では暴風や高波、土砂災害、低い土地の
浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。
また、九州北部地方、中国地方四国地方では19日日中にかけて、
近畿地方では20日午前中にかけて、東海地方では19日夜から
20日午前中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が
急激に高まる可能性があります。

19日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
・九州北部、中国、四国、近畿地方 30メートル(45メートル
・九州南部、北陸、東海地方    25メートル(35メートル
20日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
・中国、近畿、北陸地方      30メートル(45メートル
・四国、東海、東北地方      25メートル(35メートル
・関東甲信、北海道地方      23メートル(35メートル
の見込みです。

19日に予想される波の高さは、
四国地方             10メートル
・九州北部、中国、近畿、東海地方  8メートル
・九州南部、関東甲信地方      6メートル
・奄美、北陸地方          5メートル
20日に予想される波の高さは
中国地方               8メートル
・九州北部、四国、近畿、北陸、東海地方 7メートル
・関東甲信、東北、北海道地方      6メートル
の見込みです。

20日12時までに予想される雨量は、多い所で、
東海地方           400ミリ
・近畿、関東甲信地方      300ミリ
四国地方           250ミリ
・中国、北陸、東北、北海道地方 150ミリ
・九州北部地方         100ミリ

その後、21日12時までに予想される雨量は、多い所で、
・北陸、関東甲信、北海道地方    50から100ミリ
の見込みです。
線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

西日本から東日本では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や
氾濫に厳重に警戒して下さい。北日本でも土砂災害、低い土地の
浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

台風14号や線状降水帯に、今後も注意・警戒を