熊本県天草市の牛深クリーンセンターに勤務する43歳の男が、ゴミを捨てるために訪れた男性の車を杵で叩き壊したとして、逮捕されたことが判明。その行動に怒りの声が上がっている。

 男は16日午前9時すぎ、46歳自営業の男性が持ち込んだゴミのサイズや分別の件で口論になる。男性は車に乗りゴミを持ち帰ると、男は餅つき用の杵を車に乗せて追いかけ、男性の車に追突する、回り込んでぶつけるなどした後、杵でサイドミラーを叩き壊した。

 ​>>46歳役場職員、公道で女性に斧を振り回して脅し逮捕「下がれ」対向車に乗る女性に激怒<<​​​

 その後、男は器物損壊の疑いで逮捕される。取り調べに対しては「相手の態度が気に入らなかった」と話しているという。たとえ相手の態度が気に入らなかったとしても、車で追いかけて追突を繰り返したうえ、杵で叩き壊すとは異常であり、公務員としてあるまじき行為だ。

 男の行動に、ネットユーザーからは「異常すぎる。そもそもなんで杵を持っているのか不思議で仕方ない」「被害者の態度も悪かったんだろうが、だからと言ってこの行動はねえだろ。本当にどうしようもない」「国民に厳しい分別を強いるくせに、クリーンセンターは結構いい加減なことがある。注意の仕方がおかしかったんだろ」「公務員のくせに超凶暴。この男はもちろん、天草市の任命責任も問うべきだ」と怒りの声が上がる。

 一方で、地元民からは「ここのクリーンセンターは凄く態度が悪かった。さもありなんという感じがする」「電話で持ち込みの可否を聞いたら良いと言われたのに、捨てた後にダメだと言われて持ち帰るように言われた。全く市民に寄り添っていない」「受付が生意気だし、市に抗議しても改善されていない。解体してはどうか」と厳しい声が出ていた。

画像はイメージです