カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 雪の日に飼い主と散歩していた犬は、大きな骨のようなものを発見した。木の枝のようにも見える。骨も木も犬の大好物だ。

 大喜びでくわえようとする犬だが、実はそれ、鹿の角。飼い主は角を拾い上げようとするが、犬は絶対に渡すまいと鉄の意思でそれを阻止する。

 犬はどうしてもこの角が欲しいのだ。

【画像】 それ絶対好きなやつ!

Dog doesn't want to give up antlers

 それは形状的にも色艶的にも犬の大好きなやつだ。鹿の角を発見した犬のガイランは大喜び。口にくわえようとしたところ、飼い主から横やりが入る。

 ガイランが興味を示した鹿の角を持ち上げようとしたのだ。例え飼い主と言えども、犬的お宝を渡すわけにはいかない。ガイランは飼い主に吠え、「やめろ!おれのものだ!」と訴える。

1

 骨を離すまいを前脚で握りしめるガイラン。絶対にこのお宝だけは死守したい。飼い主が角を引っ張ると、犬もそれについてくる。

・合わせて読みたい→「痛くないかな?治るかな?」飼い主がお気に入りのぬいぐるみを緊急手術。それをずっと見守りつづける犬

 角をめぐって綱引き状態に。

3

 結局飼い主に鹿の角は取り上げられちゃった。ガイランは悲しそうに地面に置いてあるリュックの紐をかみしめた。

 確かにこれで棒投げゲームをしたら楽しそうだし、骨の代わりにかじることもできるかもだけど、投げたら尖っているから危険だし、鹿の角って犬が噛んでも大丈夫な物かもちょっとよくわからないので、今回は我慢しておくことにしようね。

 きっともっといいお宝が見つかるはずだからね。

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

これを渡すわけにはいかない!鉄の意思でお宝を死守する犬