TOKIO・松岡昌宏

24日深夜放送『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)で独身を貫くTOKIO松岡昌宏が「理想の女性像」を吐露した。


■絶品魚料理を堪能

同番組では、松岡と博多大吉ゲストが絶品の料理と酒を味わいつつ、ほろ酔いで赤裸々トークを展開していく。

今回はゲストの新山千春と、東京・湯島にある魚料理居酒屋『天神前 兜魚』を訪れ、店名からも読み取れる「自身のある魚料理」を味わっていった。


関連記事:博多大吉、苦手な仕事への対処法を告白 松岡昌宏は「シカトします」

■松岡の理想は…

酒と食、トークが進むなか、同店自慢の「タイの兜煮」を堪能する一同。

ここで松岡は「お魚の食べ方キレイな人が好きだな」とポツリ。「スゲェ口悪いのに、『魚の食い方ウメェなコイツ』ってなったら、もうど真ん中です。もうたまんないです」と理想の女性像を熱弁した。

■大吉も賛同

「たまには言いましょ、男性側からも」と相槌を打つ大吉に対し、松岡は「でもホントそう思いません?」と共感を求める。

大吉は「どんだけ美人でかわいくてノリが良い人でも、食べ方汚いと『うぅ』って(引く)」と賛同。「『ケンタッキーそんな残す?』みたいな、人いるじゃないですか。『もっとイケる、もっとイケる』って」と食べ方ひとつで女性の印象が変わると松岡に理解を示した。


■視聴者の声は…

松岡が「魚の食べ方がキレイな女性」を理想像として語った今回。

視聴者からは「人から『煮魚や焼き魚の食べ方がキレイ』と言われることはあるんだけど、ベビースターとか柿の種はよくこぼすんよな」「ダメだ~マボちゃんの好みのタイプにはなれない」と一喜一憂する声が散見されていた。

・合わせて読みたい→松岡昌宏、“茨城女性のイメージ”は磯山さやか 博多大吉は「めっちゃ可愛い」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

松岡昌宏、理想の女性像を熱弁 「スゲェ口悪いのに」「もうたまんないです」