乃木坂46タレント小説家高山一実(28歳)が、9月23日に放送された「今から行きたい至極グルメ ほほおちゴハン!」(テレビ東京系)に出演。毎日のように通っていたお店について語った。

ゲストの元卓球選手・水谷隼が、前回出演してメシバナを包み隠さず話してしまい、最近柔道のウルフアロンと食事に行ったことくらいしか話題がないため、水谷が逆に高山のメシバナを質問する流れとなる。

水谷が「1番好きなほほおちゴハンは?」と尋ねると、高山は「ターフェルシュピッツ。オーストリアに行った時に食べたターフェルシュピッツが、今まで人生で食べた食事の中で1番美味しくて」と答え、水谷は「すみません。ターフェルシュピッツの説明だけ、お願いします。勉強不足で……」と泣きを入れる。高山によると、ホロホロに煮込んだ牛肉を、リンゴソースほうれん草ソースで食べるのがベーシックで、「日本で食べられるお店を探したんですけど、やっぱり超えられなくて」とコメント

さらに、高山に行きつけのほほおち店について尋ねると、高山は「『マメヒコ』さんっていうカフェがあったんですよ。行ってた時は渋谷に2店舗あって、今は三軒茶屋に本店だけ残ってる形なんですけど、毎日のように行って、執筆してました。すっごい落ち着く空間なので、そこで作業して。何年通ってたんだろう、執筆中だからどれくらいだろう、2年くらいかな」と語った。