会社に金銭的、時間的損害を与えるだけでなく、顧客や取引先からの信用を落とすことにもつながる「発注ミス」。多くの企業では業務管理ツールを導入して作業プロセスを明確にしていますが、ヒューマンエラーをゼロにするのは目標であっても現実には困難です。

謝罪会見
画像はイメージです(以下同じ)
 菅沼幸康さん(仮名・当時26歳)も、当時勤めていた住宅リフォーム会社で内装工事用の資材の発注ミスが発覚。桁を1つ多く発注する初歩的な間違いでしたが資材倉庫には大量の在庫を抱えることに。当初の被害額は数千万円に及んだといいます

発注ミスした先輩が上司と結託して…

「付き合いのある会社に買い取ってもらったりして最終的には在庫をそこまで抱えずに済みましたが、それでも1000万円弱の損害を出すことになりました。会社が傾くことはなかったですが、社員25名にも満たない小さな会社でしたから結構な痛手になったのは事実です」

 ちなみに誤発注をしたのは、4歳年上の同じ部署の先輩。ところが、こともあろうにすべての責任を菅沼さんに擦り付けてきたのです

 しかも、先輩は直属の上司である課長の腰巾着というか子分のような関係。「自分はこの発注業務に一切関わっていません」と何度訴えても聞き入れてもらえず、社内的には菅沼さんのミスとして処理されてしまったそうです

一族経営ならではの理不尽な扱い

嫌な職場

この会社は一族経営で社員の3分の1が身内で固められていました。課長は社長の甥っ子だし、先輩は違いましたが社長の昔からの友達の息子で一族同然の扱いでした。そのため、自分がいくら身の潔白を訴えたところで所詮は外様パソコンログイン記録を確認して誰が担当だったのか調べることすらせず、先輩と課長によるでっちあげが事実とされてしまいました」

 菅沼さんに何の落ち度がないことはほかの同僚たちも知っていたはずですが、火の粉が降りかかるのを恐れたのか手を差し伸べてくれませんでした。それどころか休憩中も声をかける人がいなくなり、社内でも孤立することに

親代わりの存在だった叔父が憤慨

辞表

 そして、何よりも痛かったのはボーナスと給料の減額。会社の業績が悪化したわけではありませんが、誤発注を彼のミスとした課長は査定を大幅に下げてしまったのです。その結果、追われるように会社を辞めることになります。

「送別会も開かれず、最後の日に挨拶もさせてもらえませんでした。発注ミスが起こる前は、普通の同僚・上司と部下という関係でしたが、都合のいい生贄にされたんでしょうね。あの2人のことはもちろん恨みましたし、自分を見殺しにした会社や同僚も許せない気持ちでいっぱいでした

 そんな彼の話を聞き、「絶対に許さん!」と怒りを露わにしたのが同じ地域で建設会社を経営している叔父。菅沼さんは早くに父親を亡くし、親代わりといえる存在でした。叔父の会社は業種的に元職場と取引がありましたが、契約満期になった半年後、更新をしませんでした

悪評が広がり、取引を停止する企業が続出?

 さらに叔父は当時、市の商工会議所の役員。元職場が自分の甥っ子にした非道の数々を経営者仲間に伝えると、取引の停止や取引量を減らす会社が続出。元職場の悪評は地元の社長たちの間でたまちまち噂となってしまいます。

「ある日、課長から突然電話があり、『○○社長(叔父)に取り成してほしい』と頼まれました。叔父の関係を知って連絡してきたのでしょうけど、私は別会社に転職していて今さら関係のない話でした。いまだに上司面してきたのにもイラッとしたので、『あんな真似してよくそんなこと言えますね。取り成しの件はお断りします』と言って電話を切りました」

 その数日後の夜、上司が今度は家に直接やって来て、再び取り成しを懇願。その際、誤発注ミスの押し付けについて謝罪を受けましたが、もう1人の当事者である先輩は同行していませんでした。

「夜、アポなしで来るのも失礼ですし、人にミスを押しつけて退社まで追い込んだ責任を尋ねても答えに窮するばかり。せめて専務や社長が一緒に来て会社として正式に謝罪し、退社に追い込んだ2人の処分と、不当に評価を下げられ収入を減らされたことへの補償などがあればまだ考えましたが、口先だけで謝るだけじゃ納得できませんよ

 そうしたことも伝えたうえで『迷惑です。2度と来ないでください』と追い返しました。会社の経営がヤバいから謝ろうって、そもそも順番が違うんですよ」

業績が落ち込み、事業規模も一気に縮小

落ち込むおじさん

 この1件の後も謝罪の申し入れはありましたが、会うことを拒否。元職場は倒産こそしてませんが事業縮小を余儀なくされることに。現在はオフィスも賃料の安いテナントに移り、細々とやっているといいます。

「徹底的に争うこともできましたが、それをしなかっただけ感謝してほしいくらい。先輩には何もできませんでしたけど、課長にはガツンと言えたし、やられた分の半分は返せたかなと思っています(笑)

 同じ復讐でも肉体的に危害を加えたり、会社の業務を妨害するやり方だと罪に問われるのはこちら側。現にそういう事件もたびたび報道されています。

 その点、今回のケースは叔父の存在が大きかったとはいえ、契約の更新をしないだけなら違法性はありません。取り成しの件にしても彼がそれをする義務も義理もなく、そういう意味ではスマートな復讐のやり方だったかもしれませんね。

― 特集・スカッとした話 ―

TEXT/トシタカマサ イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中