アルファロメオの「常識」を覆す「怪物」! 異端児「アルファロメオSZ&RZ」の衝撃的な姿

この記事をまとめると

アルファロメオ1989年のパリサロンで公開した「ES30」を「SZ」として発売した

■ザガートの名が与えられたが、関係性はフロントに同社のエンブレムが掲げられるのみ

■約1000台を販売したSZに続き、オープンモデルのRZも約230台が販売された

毒気の強いスタイリングで「モンスター」と呼ばれたSZ

 あれは1989年秋に開催されたパリサロンでのこと。そのザガート・ブースで「ES30」とネーミングされたコンセプトカーが発表されたときの衝撃を、オレはいまでも忘れることはできない。

 それは近い将来、アルファロメオプロダクションモデルとしてデビューを飾るのだろうという期待が半分。それにしても奇抜にすぎるスタイルが、それまでのアルファロメオと何の関連性も持たないところに、ただのショーモデルかと一抹の不安を覚えたのが半分。そしてなぜかこのクルマの、毒の強い姿に惹きつけられて、その場をなかなか立ち去れない。ES30とのファーストコンタクトはこんなものだったと記憶している。

 ES30、すなわち「エクスペリメンタルスポーツカー・3.0L」を意味していたこのコンセプトカーは、見事にこの年のパリサロンで主役のひとつとなった。最終的にその好意的な反響から、アルファロメオ、いや実質的にフィアットはES30の量産化を決定。フィアットチェントロ・スティーレ(デザインセンター)で、マリオ・マイオーリ率いるチームが、そのスタイリングリニューアルを行った。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

 新たな車名は「SZ」。それはもちろんスプリント・ザガートの意であるが、過去のジュリエッタSZと何ら歴史的な関連性があるわけではない。ザガートとの関係も、フロントに同社のエンブレムが掲げられるのみだ。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

クーペに続いてオープンモデルの「RZ」も登場

 SZのベースとなっているのはアルファ75。そもそもトランスアクスル方式を採用するなど、スポーツ性を強く意識した75だったが、アルファロメオはそれを、フィアットランチアワークスチームに所属し、1987年にはアルファコルセに移籍、ここからDTMなどでアルファロメオに数々の勝利をもたらしたジョルジョ・ピアンタの手にチューニングを委ね、さらにスポーティなフットワークをSZに与えることに成功している。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

 フロントに搭載されるエンジンは、3リッターの排気量が設定されたV型6気筒SOHC12バルブ。これもそもそも75に搭載されていたものだが、カムプロファイルの変更や圧縮比の向上などによって、188馬力の最高出力を210馬力へと高めている。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

 組み合わせられるミッションは5速MT。生産はザガートのファクトリーで行われ、ボディ素材に強化プラスチックを使用するなどの軽量化策の恩恵で、車重は1200kgを実現。最終的に1991年までの間に、SZは約1000台が生産されたという。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

 しかし、このSZを望む声は、まだまだ途絶えることはなかった。そこでアルファロメオが投入したのが、オープン仕様の「RZ」。こちらのコードネームはES32とされていたが、搭載エンジンはSZと同様に210馬力仕様の3リッター版である。

流麗でスタイリッシュなアルファロメオのイメージを覆したアルファロメオSZ/RZ

 RZは当初350台を生産する計画だったが、折からの景気後退により受注が低迷。結局は230台ほどが生産されるにとどまったという。

アルファロメオの「常識」を覆す「怪物」! 異端児「アルファロメオSZ&RZ」の衝撃的な姿