千原ジュニア

25日放送の『ABEMAニュースショー』(ABEMA NEWSチャンネル)で、番組MCの千原ジュニアが「責任を負わされることが嫌」だという若いマネージャーの話を語った。


■「マネージメントが嫌で嫌で」

番組では、8割近くの若者が「出世を望まない」と答えるアンケート結果が出ていることが明らかに。そんな中、若者の多くが出世を望んでいないことに対して、ジュニアは「いやうちもこの間…もう離れましたけど、現場についてる若いマネージャーの子が部署変わったんですけど…」と話し出した。

ジュニアいわく、そのマネージャーは「マネージメントが嫌で嫌で仕方がなかった」とのこと。この話に出演者が驚く中、ジュニアも「プロダクションマネージャーって言ったら、それをやりたいから入って、そのマネージャーやらせてもらわれへんから離職みたいなことがある中、嫌で嫌で仕方がなかった…」と、信じられない様子で語る。


関連記事:千原ジュニア、引退を引き止めてくれた先輩の存在語る 「忘れもしません」

■さらに衝撃の発言

当時、そんなマネージャーに対し、マネージメントが嫌になってしまった理由を尋ねたというジュニア。すると、マネージャーは「責任あるじゃないですか」と答えたそうだ…。

そのマネージャーいわく、責任を負わされることが嫌であるため、マネージメントが嫌いであるとのこと。なお、部署が変わった後、違う芸能人の担当を務めることとなったマネージャーは「土日は僕、一切仕事しませんので」と発言したそうだ。

■「土日仕事せえへんのは…」

このマネージャーの発言を思い出したジュニアは「いやいやいや…興行会社で、土日仕事せえへんのは無理やって!」とツッコミ。その上で「いや、それやったら入ってきたらアカンわ」と発した。

さらにジュニアは「芸人、土日しか働いてないぐらい働いてるで?」と疑問を口にし、「責任を負わされるのが嫌」だというマネージャーについて「不思議…」と話す。


■電話も一切…

ジュニアいわく「あの人売ったんは俺や!」と誇るマネージャーや、「伝説のマネージャー」に憧れて「いつか自分もそういうふうになりたいな」と思うマネージャーは、今はいないとのこと…。

すると、ジュニアは「土日は仕事しない」と決めているマネージャーが「土日、電話も一切受け付けませんので」と語っていたことを明かし、「それで吉本興業は無理やて…!」「日曜日の昼間毎週仕事してる俺、どうなんや…」と笑いながら語った。

・合わせて読みたい→千原ジュニア、入院時に必ず持参する物を告白 「ある食品」で病院食が豊かに

(文/Sirabee 編集部・綿 つゆ子

千原ジュニア、若いマネージャーの衝撃発言に絶句 「それで吉本興業は…」