アメリカに住む30歳の女性はある晩、バスルームの壁から血液のような液体が染み出していることに気づき驚愕した。一体、何が起きたのか…。女性がTikTokで「原因を突き止めて!」と呼びかけたところ、大きな反響を呼んだ。『New York Post』などが伝えている。

カリフォルニア州に住むTikToker、レクシー・チデスターさん(Lexy Chidester、30)が先月10日、自宅のバスルームの壁に設置されたミラーキャビネットから赤い液体が染み出る動画を「壁が血を流している」と言葉を添えて投稿した。

レクシーさんは「この家に20年住んでいるけど、昨晩突然、キャビネットから血が流れ出したの!」と説明、キャビネットを開け、内部には問題が見られないことを確認した。

レクシーさんが“血液”と呼ぶ液体はキャビネットの両端から流れ出しており、壁には2本のシミができて下に溜まっているのが見て取れる。

この奇妙な光景に、レクシーさんは「なぜ壁から血が流れているのか、誰か説明してくれる? これはまるでホラー映画のワンシーン。この家は何かに取り憑かれているのかしら」とパニック気味にアドバイスを求めてSNSは騒然、次のような憶測が飛び交った。

「上階に住んでいる人はいるの? 血液でしょう?」
キャビネットの中に何かをこぼしたとか?」
「剃刀の刃が残されているのでは?」
「過酸化水素を垂らしてみて、泡が立てば血液。やってみて!」
「壁の中のパイプから漏れているのでは?」
「壁の中で何かが死んでいるかも。」
「死んだネズミの血だよ。」
「天井裏から何かが漏れているんだよ。」
「引っ越すか、塩を撒くかしてちょうだい!」
キャビネットが取り付けられている裏側のサビだね。」
「サビにしては色が赤すぎるわ。サビはもっと茶色がかっているもの。」
「夜中の3時にトイレに行って、こんなシーンを見たら…。怖いわよ。」
「ハチの仕業だ!」
「きっと昔、咳止めシロップがこぼれたのよ。」
「秘密のワインセラーがあるのに違いない。」
キャビネットを取り外してみることね。一応悪魔祓い師(エクソシスト)を呼んだほうがいいよ。」

なおレクシーさんは11日、「血液の量が昨日の2倍になっているの!」と再び動画を投稿し、それが油のようにねっとりしていること、臭いはほとんどないものの、あるとすれば酢に似ていることを明かしていた。そしてその後も、天井裏に入り込みパイプなどから漏れがないか確認し、配管工に家全体のパイプのチェックを依頼、カビの調査も行い、最後にはキャビネット全体を壁から外してみせた。

それでもなかなか原因が見つからなかった11日目、レクシーさんはやっとのことで赤い液体の正体を突き止め、結果報告を行った。

実はキャビネットの下には金属が使われており、金属が重なり合ったキャビネットの角の部分にサビが発生していた。レクシーさんはプライヤーなどを使ってキャビネット下の金属を剥がして見せ、そこにサビが発生しているのを確認、「やっと答えを見つけたわ!」と喜びを露わにした。レクシーさんのバスルームには換気口がないそうで、金属が長い時間をかけて酸素や蒸気と反応を起こし腐食されていたのだという。

この結果にフォロワーたちは「私の推測は正しかった!」「ずっと気になっていたの」「これでやっと眠れるわ!」「ホラーストーリーでなくて良かった」などと安堵したようで、レクシーさんは「新しいキャビネットを注文したわ。これまで付き合ってくれてありがとう」とコメントした。ちなみにレクシーさんが最初に投稿した動画は、これまでの再生回数が690万回を超える大反響だった。

今回はサビという結果で落ち着いたが、昨年にはアメリカで、2階で亡くなった男性の血液が1階の部屋の天井から降ってくるという事故が起きていた。男性はすでに腐敗しており、遺体から流れ出した血液が絨毯に溜まり、天井から染み出していたという。

画像は『lexyraye 2022年8月14日TikTokReplying to @Sunny sorry for making you wait so long !」、2022年8月10日TikTokReplying to @laurenmeowington」「Dude …… wtf …」、2022年8月21日TikTokThank you to everyone who joined !!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト