外でノートパソコンを使用する際に、バッテリーの残量が少なくなり焦った経験があるという人は多いだろう。今ツイッター上では、「想像の斜め上を行く」充電方法が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】そんな方法があるとは…天才かよ


画像をもっと見る

■そんな充電方法があったのか…

充電

エネルギー問題解決しました」と意味深コメントを添え、約10秒の動画を投稿したのはツイッターユーザーのさぶあいさん。そこに写されているのは、ノートパソコンUSB差込口とUSB Type-C差込口にささった1本のケーブル。これがエネルギー問題の解決に、どうつながるのだろうか…。

充電

ノートパソコンディスプレイを見て納得。USB差込口からUSB Type-C差込口に電流が流れて、なんと…充電マークが出ているのだ。想像の斜め上を行く充電方法に思わず笑ってしまう。


関連記事:コンパクトで大容量 外出も安心「モバイルバッテリー」ランキング

■ネットでは笑顔になった人が続出

さぶあいさんの投稿にネットでは、「天才かよw」「これ好き」「面白すぎる」「朝から笑ってしまいました」といった具合に、笑顔になった人からの声が続出。

他には、「内部バッテリーを早く劣化させる結果になるのでやらないほうがいいです。発熱も増えますし、最悪発火・爆発の恐れもあります」「USBから給電→電源口から給電という形になってるから、電流自体は流れて充電もされる。ただ、その給電元がバッテリーだからプラマイ0だし、むしろケーブルやら内部の抵抗分だけ余計に電力食う」など、有識者からのコメントも多く見られた。

さて実際、充電はされているのか。いちおう実験すると…。

■寝ぼけてケーブルを差してしまった

今回の投稿は、わずか数日で8万件を超えるいいねを獲得。気になる当時の状況を聞いてみると、「寝ぼけてケーブルの片方がノートパソコンにささっていることに気がつかず、充電しようとしてもう片方を刺してしまいました。その後、充電されていることに気がついたので撮影しました」と語るさぶあいさん。まさかの状況に、かなり驚いたという。

充電の表示はされているが、故障の危険性があるということで、すぐに抜いたそうだ。


■記者のノートPCで検証してみると

充電

誰がどう考えても充電できないこの方法。しかし0.00001%の可能性に賭けて、実際に充電できるのか記者のノートパソコンで検証してみると…。

ノートパソコン

なんと「完全充電までの時間:4時間19分」と表示。

が、当たり前だが実際に充電されることはなかった。さぶあいさんも言うように、故障の危険性があるだけでなく、バッテリーの劣化につながってしまうのでこの方法は絶対オススメできない…。充電は正しく行おう。

・合わせて読みたい→「卓上扇風機」ランキング デスクワークやキッチンで大活躍

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

ノートパソコンの充電をしようとしたユーザー 完成した「究極の永久機関」が話題