瀕死の状態で保護された犬はその後、動物シェルターのケアのもと少しずつ力を付け立つことができるようになった。するとその犬は世話をしてくれたスタッフにピタリと寄り添い、甘えてハグをしてきたという。温かいニュースを『The Dodo』が伝えた。

ミズーリセントルイスにある動物シェルター「ストレイ・レスキュー・オブ・セントルイスStray Rescue of St. Louis)」に今年7月下旬、「自宅の裏庭に痩せこけた野良犬がいる。どうか保護してくれないか」という連絡があった。

シェルターで保護活動に尽力する主任のドナ・ロッホマンさん(Donna Lochmann)はすぐさま現地に駆けつけ、その犬に“アニーマックハンドAnnie McHound、以下アニー)”と名付けて車に乗せ、シェルターへと急いだ。

ドナさんは「アニーは3歳未満のメスでかなり酷い状態だった」と明かし、当時のことをこのように振り返った。

アニーは痩せ衰え、正直なところ『もしかしたら長くはもたないかもしれない』と思ったほどでした。体中に数百というノミが寄生し、皮膚が乾いた血で覆われて、まるで古くなったエンジンオイルを掛けられたかのように黒い被毛をしていました。それは経験ある私たちでさえも長い間目にしたことがないほどで、体を洗うと赤い血が流れ出すのが分かりました。」

「体がきれいになった後、私たちはアニーが自分で立つことができないほど衰弱していることに気付きました。その日はアニーができるだけ快適に過ごせるよう、柔らかいブランケットに包みシェルターの一室で休ませました。」

「獣医はその後、貧血が回復しないアニーを見かねて輸血を行うことに決めました。弱った肺を強くするため、アニーは力が付くまでのほとんどの時間をクリニックの酸素室で過ごしたのです。」

なおドナさんをはじめとするスタッフは、アニーが酸素室から出るとできるだけ庭に連れ出し「新鮮な空気を吸って欲しい」と太陽の下でそばに寄り添ったそうだ。

一方のアニーも、そんなひと時をとても楽しんでいたそうで、力が付いて立てるようになると、スタッフにピタリと寄り添いハグしてきたという。

そしてアニーゆっくりだが少しずつ力を付け、酸素室に入らなくても呼吸が上手くできるようになった。そしてクリニックからシェルターに戻ると、やっと犬らしく振る舞うようになり、施設の犬と一緒に遊ぶようになったという。

ドナさんは「アニーがどのくらいの間、1匹だけで寂しい時を過ごしていたのかは分かりませんが、保護した後はノミや空腹から解放され、今ではずいぶん元気になりました。まだ100%回復したわけではありませんが、私たちは命が救われたことを心から喜んでいます」と述べ、「今後はアニーを引き取ってくれる里親を探す予定です」と笑顔を見せた。

ちなみに動物シェルターFacebookには「アニーを救ってくれてありがとう」「保護活動をとても誇りに思う!」「ずっと心配でフォローしていた。回復して良かった」「元気な姿を見て安心した。早く家族が見つかるといいね!」といったコメントが多数寄せられている。

画像は『Stray Rescue of St. Louis 2022年8月21日FacebookAnnie McHound is finally starting to gain some strength and energy.」、2022年7月22日Facebook「We’ve named this little lady Annie McHound.」「All the FLEAS coming off of her and dying now!」「Look at the blood pour off of her while she gets her bath.」、2022年8月2日FacebookFriend and supporter,」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト