(馬 克我:日本在住中国人ライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 2022年5月、YouTubeに「王局拍案」という中国語チャンネルが開設された。内容は主に時事問題に関する単独トークショーで、開設からたった4カ月でチャンネル登録者数は34万人を超えた。登録者は、主に海外在住の華人と、「翻墻(ファンチャン)」と呼ばれる、中国のインターネット検閲を回避する技術を駆使して中国国外のウェブサイトを視聴している中国国内の中国人だ。

日本メディアも注目する中国人ジャーナリスト

 このYouTuberユーチューバー)は、中国で名高い王志安(ワン・ジーアン)という人物である。1968年生まれで、現在は日本に住んでいる。

 9月10日、ルポライターの安田峰俊氏が彼にインタビューした記事が『文春オンライン』に掲載された。タイトルは、「日本にただいま潜伏中…国営放送CCTVの元編集委員『中国の池上彰』がぶちまける中国メディアの内情」だ。

 実のところ、王志安は2015年に中国国営テレビ局CCTV」を退職している。その後、2017年、北京大衆紙『新京報』の人物インタビュー動画チャンネル「局面」でキャスタープロデューサーとなり、多くの中国人が知る人物となった。

 中国の厳しい世論統制の中、CCTVの調査記者出身の彼は、中国共産党の要求を遵守しながらも、秀でた調査力と質問力で可能な限り真実に迫る番組作りを行った。

 たとえば、中国初となる興行収入50億元(約1000億円)超えを記録したアクション映画『戦狼2(ウルフ・オブ・ウォー)』(2017)の監督、呉京に、局面チャンネルインタビューを行った時のことだ。同映画は極めて民族主義的な内容だったが、中国共産党政府が黙認する民族主義について直接問い正すことはできない。そこで王志安は、インタビュー開始前の、監督の周囲に対する高慢無礼な態度も撮影して放送内容に組み込んだり、持ち前の質問力で呉京の傲慢で軍人崇拝的な人となりを引き出した。

 局面チャンネルは主に、中国のネット大手「騰訊(テンセント)」が運営する動画サイト「騰訊視頻(テンセントビデオ)」で配信され、同社の2018年データによると、局面チャンネル11期目の動画再生回数は13億回を超え、中国最多の再生回数を誇るインタビューチャンネルとなった。

「6月4日」に情報発信の場を失った王志安

 ところが2019年6月4日、複数のインターネットラットフォームの王志安のアカウントが突然凍結された。その後、仕事も停止に追い込まれた。

 王志安の説明によると、アカウント凍結に関して、政府機関からはいかなる説明もなかったという。

 彼自身は中医薬関連企業の仕業ではないかと見ている。彼は、かつて中医薬関連企業を批判したことがある。その批判によって事業に悪影響が出た企業などが政府関係者に賄賂を渡し、政府機関が動いたのではないかと疑っているのだ。

 彼は天安門事件に関する発信は何も行っていなかったにもかかわらず、天安門事件が起こった「6月4日」にアカウントが凍結された。そのことも、政治的関係性を連想させる。彼のアカウントが戻ってくることは永遠にないだろう。

 私個人としては、彼が中医薬企業を批判した際、彼の態度が一部の人々から「反中医」と受け取られたことが大きく影響したのではないかと見ている。政府機関が中医薬企業から賄賂を受領したか否かにかかわらず、これは彼を封じ込める理由になり得る。なぜなら、中医薬企業の批判は、中医を支持する習近平と相反する立場となるからだ(本コラム「『この薬でコロナは治る』嘘でも信じるしかない中国人のやるせなさ」参照)。さらに王志安が社会に大きな影響力を持つ人物であることも、政府は問題視していたことだろう。

 それから間もなく、王志安は経営管理ビザで来日し、現在は日本で生活をしている。

中国人留学生エイズ拡散報道に物申す

 この3年間で彼は、中国共産党政府の下では再びジャーナリストとして仕事をすることは不可能だと悟り、2022年5月にYouTubeチャンネル「王局拍案」を開設した。王局拍案では、中国国内の時事問題に関する批評を行う以外にも、調査記者としての本領を発揮して、ウクライナに赴き半月ほど戦争の現地取材を行っている。

 9月11日、王志安は王局拍案チャンネルで、「『在日中国人留学生が故意にエイズ拡散した』というニュースは本当か?」という動画を配信した。

 事の発端は、9月初頭に『週刊現代』に掲載された「東京・池袋で『1000人以上がエイズ発症の危機』…中国人にわざとHIVをうつされた、20代女性の『衝撃的すぎる告白』」「『日本人を道連れにしてやろうぜ』…東京・池袋でHIVをバラまく中国人たちが言い放った、ヤバすぎる『悪意と手口』」という記事である。記事によると、乱交パーティーに参加してエイズに感染した中国人留学生3人が、東京・池袋の風俗嬢と避妊なしで性的関係を持ち、女性3人を感染させたという。

 この記事は中国メディアSNSでも大量に転載され、中国でも話題となっている。王志安は王局拍案チャンネルで、同記事を読んだ時、中国人の恥知らずな行いに憤慨し、自身もツイッターリツイートしたと述べている。しかし、記事の内容をよくよく見ると、いくつかの疑問点が浮かび上がると指摘する。

 まず、報道の情報ソースが全て風俗店と従業員の女性側のみで、中国人留学生3名に関する詳細な情報がない。記事の中で、風俗店のオーナー中国人留学生に会って問い正したところ留学生がHIV感染者であることを供述したとされる。だが、そのような状況であれば、映像や写真、ボイスレコーダーなどに記録された証拠があるはずだ。記事では、そうした証拠の存在は示されていない。

 王志安はスタッフに依頼し、池袋にある複数の風俗店に聞き込みを行った。しかし、この事件を知る者はいなかったという。

 また池袋区役所と東京都庁にも問い合わせたところ、同記事で事件を初めて知ったが、事件の詳細については知らないという回答だった。池袋区役所は「同案件に関しては現在調査中」というが、東京都庁は「調査を行う計画はない」とのことだった。

 日本の法律家によると、「もしも『週刊現代』の報道が事実なら、中国人留学生3名の行いは違法行為であり、風俗店従業員は警察に届け出るべきだ」という。

 王志安は記者本人にも連絡をとったところ、情報ソースは確かに風俗店側のみで、後続記事の予定はないとのことだった。

 もちろんこれで『週刊現代』の報道が誤報だということにはならないが、王志安は動画配信の最後にこのように強調した。「確かに一部中国人は日本での素行が悪い。しかし、事の真相を突き詰めることが重要である」。彼はジャーナリストとして真相を追求する態度で、『週刊現代』の報道に疑問を投げかけたのである。

中国では「池上彰」は生まれない

 中国における王志安の影響力は絶大である。しかし、中国共産党に封じ込められ一度は意気消沈したが、今年ついにYouTubeで新たに動き始めた。私も、視聴者の一人である。王局拍案チャンネル中国語のため、日本で彼は知られていないと思っていた。まさか日本のメディアに彼の単独インタビュー記事が載るとは思いもよらなかった。そして、彼も日本社会に関わる話題に注目し始めたようで、今後の活躍が楽しみである。

 ただ、記事のタイトルにある「中国の池上彰」という表現には、違和感を覚えた。なぜなら、中国では池上彰のようなジャーナリストが出現することはないからだ。自由で独立したジャーナリストは、なんと言おうと「言論の自由」が保障された環境でこそ生まれるはずだ。

 かつて、中国の杭州で大きな放火事件が起こり、母親と3人の子供が火災で亡くなった。王志安は、取材の際、救助にあたった消防士(軍人)に重大な過失があったと気づき、1万字にも上る長文の記事を執筆した。しかし、中国政府は軍人に関するマイナス報道を許可しておらず、上層部は彼の文章の公開を許さなかった。最終的に、この報道は未発表のままである。火災で亡くなった4人の死は放火犯の責任だと判決が下され、放火犯は死刑に処された。

 事件発生から5年経った今、日本で生活をする王志安が、自身のYouTubeチャンネルでやっと火災の真相について口にすることができた。

 今回の『週刊現代』報道に対する問題提起は、王志安の調査記者としての一貫したやり方であるが、これまでと異なるのは、彼は現在日本に身を寄せており、自由に取材・報道できるという点だ。これは、中国共産党統治以来、中国人が手にしたことのない権利である。もしかするとここ日本で、初めて彼は池上彰と同じようなジャーナリストになれるかもしれない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  中国の年収20億円男、戦車アイスでこっぱみじんに

[関連記事]

口コミサイトで物議、中国・上海のパクリ「一蘭」ラーメンを食べてみた

冷凍食品の謎、日本では大人気なのになぜか中国人が食べない中華メニューとは