安倍晋三元総理の国葬が27日、東京・九段下日本武道館」で執り行われ、約3,000mに及ぶ一般献花待機列ができた。周囲には数多くの警察官が警備にあたっており、みな静かに自分の番を待った。


画像をもっと見る

■3km超える人の列

早朝から献花を行おうと多くの人がこの地を訪れていたが、国葬が開始される14時前になると参列者が急増。献花台の順番待ち列は、千鳥ヶ淵を先頭に、くねくね裏通りを経由しながら半蔵門駅、麹町駅、四ツ谷駅を超えた交差点まで及び、その距離は約3kmにのぼる。

待機列は2人1列で形成されているため、裏通りに入ると歩道がほぼ人で埋まってしまう状況に陥っていた。


関連記事:長州力、安倍元首相の事務所での献花を報告 「来ることができました」

■「仕事にならない」

記者は献花台のある九段坂公園から最後尾まで歩いた。所要時間は約1時間。通常なら30分程度で歩ける距離だったが、人通りの多さもあり、思うように歩みが進まない。

途中、宅配便業者の男性に話を聞くと「ほとんど今日は仕事にならないですよ(笑)トラックも駐車できないし、そもそもマンションに台車が入らない状況」と苦笑い。インド料理店のマスターも「(行列で)店の看板がほとんどみえない。今日はチョットお客サン少ないね」と献花待ちの行列を眺めていた。


■飛ぶように売れる花

また途中にはコンビニがあり、献花用の仏花を販売していた。地元の生花店も同様。長蛇の購入待機列ができる状況に。

献花は16時まで。午前中に献花を終えた50代女性は「朝はここまで並んでいなかったんです。いま友達と合流したので友人と再び並ぼうとしましたが、この長さでは時間までに到着しないかも…」と心配そうな表情を見せた。

・合わせて読みたい→カンニング竹山、国葬終了後にも残る“あの問題” 「やるべきとこはやるべき」

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤

安倍元総理の国葬“待機列”が3000m突破 地元では「仕事にならない」の声も