ミュージシャン西川貴教さんと、謎の(?)少年ミゲルくんが、ライブステージで熱唱する「ラーラーララーラララララララ〜、ショーシューリキーッ!」というCMが、結構話題になっていますね。

ご存知の通り、こちらは『エステー』の消臭・芳香剤「消臭力」のCM。毎回「ちょっと不思議ちゃん」な感じやハイテンションな内容のCMを披露してくれて、密かに新CMを楽しみにしていたひとりです。

がしかし、今年の東日本大震災後に放映された『消臭力』のCMはいつものテイストとはかなり違ったものでした。
 

【参照サイト・画像・動画へのアクセスはこちら】

ヨーロッパ風の風景をバックに、天使のような男の子が、スキャットであのメロディを歌っているではありませんか。いつもの「くすっ!」みたいなのが......ない。きっと、被災地の方の気持ちをおもんぱかっての制作だったのだろうなとは思ったのですが......。

先日、テレビでこのCMの秘話が披露されて「なるほど」と思っちゃいました。

当時、新CMは日本国内で撮影する予定だったそうですが、あの大震災後、国内での撮影が不可能となったようなんです。そこで「では海外で撮影」となったのですが、『エステー』の社長さんが、「ぜひ、同じく地震で被災して現在は復興しているポルトガルの街で撮ろう」と提案されたとのことで、リスボンでの撮影が実現されたようです。

正直申し上げると「はて、ポルトガルでそんな大きな地震ってここ近年であったかしら」と頭をひねってしまったのですが、調べてみると、1531年と1755年にポルトガルのリスボン付近を震源とする地震が発生していたとのこと。東日本大震災と同じく「大津波」も襲い、壊滅的な状態であったとか。フランス革命と並ぶ18世紀ヨーロッパの重大事件だったと言われているそうです。

ミゲルくんが歌うその背景には、しっかりと復興した風光明媚なリスボンの風景が広がっています。この街も、ここまでの風景を取り戻すには相当の時間と労力を費やしたことでしょう。この「消臭力」のCMには、『エステー』さんの「日本も、頑張ろう」というメッセージが込められていたのです。

そして......実はこのCMの裏的楽しみ方も発見!
ミゲルくんが歌う『消臭力』CMを逆再生してみたら、神秘的になりました」

という動画を発見したのです!





こ、こ、これは......すごい(笑)。出だしとかちょこっとだけエンヤっぽいし。

コメント欄には「これ、編集してるよ」「あとで音足してる」などという意見もありまして、私はデジ音についてはまったく無知なので、その真偽のほどはわからないのですが、編集してあったとしても、この音源は素晴らしい

まさに天使の声(笑)。そして神がかりな楽曲。

この動画をアップされた方は「このCMに込められた、もうひとつのメッセージかもしれない」というコメントされていますが、確かにこのCMには、なにかキラリと光る力を感じさせられますね。


消臭力のCMを逆再生したら神秘的になりました。、エステー宣伝部ドットコム]

(福島はるみ)