薄毛のサインは髪にも頭皮にも出る!薄毛のサインの見分け方や対策方法とは
薄毛のサインは髪にも頭皮にも出る!薄毛のサインの見分け方や対策方法とは

薄毛のサインは、薄毛の初期状態にみられる症状のことです。

そのため、まだ髪がフサフサでも、薄毛のサインが見つかるとすでに薄毛が進行していることになります。

薄毛のサインは、「抜け毛」と「頭皮環境」に現れます。

ですのでこの二つを定期的チェックしていれば、薄毛のサインにすぐに気付くことができ、いち早く薄毛対策をすることができますよ。

抜け毛の薄毛のサイン

薄毛が進行しているかは、抜け毛を調べることで確認出来ます。

特に薄毛のサインとして目に見えやすいポイントが、「抜け毛の長さ」と「抜け毛の先端」です。

抜け毛の長さ

薄毛や抜け毛の特徴に、成長途中の髪が抜けるということがあります。

そのため、まだ成長し終えていない短い髪や産毛が抜け毛にあると、薄毛のサインといえます。

抜け毛の先端

薄毛ではなく正常な状態での抜け毛には、先端に丸い毛根が付いています。

しかし薄毛による抜け毛の場合は、髪の健康状態が悪化しているため、毛根が丸ではなく細くとがった状態になっています。

頭皮環境の薄毛のサイン

頭皮の環境は髪の栄養状態に深く関係しています。

そのため、頭皮環境にも薄毛のサインは出やすいのです。

頭皮環境の薄毛のサインには、「頭皮のべたつき」「フケが多い」「頭皮が固い」といったものがあります。

頭皮のべたつき

頭皮がべたつく原因は、毛穴から皮脂が過剰に分泌されているからです。

頭皮の皮脂は、頭皮を保護するために分泌されます。

そのため過剰に分泌されるということは、それだけ保護が必要な状態になっているということです。

フケが多い

フケが多く出る原因は、頭皮が乾燥しているためです。

頭皮が乾燥するのは、皮脂の分泌量が少ないことが理由になります。

頭皮が慢性的に乾燥しているという事なので、髪へも悪影響を及ぼします。

そのため、薄毛のサインと考えられます。

頭皮が固い

頭皮が固くなっている原因は、頭皮の血行状態が優れていないためです。

髪は血液によって栄養補給されるため、頭皮の血行が悪いことは、髪の栄養状態も悪いということになります。

薄毛のサインが出た場合の対策方法

これらの薄毛のサインが出ている場合、すでに薄毛が進行している可能性があります。

薄毛の原因は複数あるため、特定の対策方法ですべての薄毛が改善できるわけではありません。

しかし、抜け毛に薄毛のサインが見られる場合は、男性型脱毛症の治療が効果的な場合が多いです。

男性型脱毛症の治療は、クリニックなどでの薬物療法が効果的だと考えられています。

一方、頭皮環境による薄毛のサインは、シャンプーの見直しや頭皮マッサージ、育毛剤などによって頭皮の状態を改善することが対策方法として考えられます。

薄毛のサインを見逃さす、早めに薄毛対策をする事が大切ですよ!

タバコによる薄毛の原因とは?