予防医療領域における検査サービスを展開している株式会社プリメディカ(所在地:東京都港区芝公園、代表取締役社長兼CEO:富永 朋、以下「当社」)が提供する腸内フローラ検査サービス「Flora Scan(R)(フローラスキャン)」(以下、「本検査」)が、ギークス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:曽根原 稔人、以下ギークス)が提供する、ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」の新たな提携サービスとして、採用されました。

  • 提携の背景
昨今、労働市場の構造変化により、フリーランス人口は年々増加傾向にあります。※1 会社などの組織に所属しないフリーランスは、健康管理をすべて自身で対応する必要がある中で、健康に対して様々な不安を感じている方が多くいらっしゃいます。※2 また、フリーランスは年に1回の健康診断受診率が28%と低く、病気の早期発見や生活改善の見直しをするきっかけが不足していると考えられます。※3

近年、腸内フローラ解析技術の発達により、腸内フローラとあらゆる疾患や不調との関わりが明らかになりつつあります。本検査は、自宅にいながら簡単に検査でき、検査結果はWeb画面上でいつでも閲覧することが可能です。定期的に健康診断を受ける機会が少ないフリーランスの方にも利用しやすいものであることから、健康増進・管理の提携サービスのひとつとして、本検査が採用されました。

※1 『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』より
※2 中小企業庁『平成29年度(2017年度)の小規模事業者の動向』より
※3 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000077791.html

本検査は、京都府立医科大学、摂南大学、 株式会社プリメディカの三者共同研究によって得られた国内有数規模の日本人腸内細菌叢データベースを用いた検査サービスです。日本人に特化したデータベースを用いることにより、日本人特有の腸内フローラタイプを評価し、ご自身の腸内細菌叢と疾患との関連性まで検査することが可能です。

Flora Scan(R)の詳細はこちら:https://flora-scan.com/

本検査は、数多くの福利厚生サービスや優待サービスとして採用されており、今後も大手福利厚生サービスとの連携も予定しています。
また、本検査は大阪府枚方市に在る摂南大学発ベンチャーである株式会社フローラディスカバリーにて測定を行っていることから、同市のふるさと納税返礼品としても採用されております。腸内フローラ検査サービスとしてのふるさと納税返礼品採用は、全国初(※4)となり、多くの方にご利用いただいております。
様々な提携に伴い、2022年6月20日放送のNHKクローズアップ現代」にも取り上げられるなど、各種多くのメディアにも取り上げられています。

※4 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000072604.html
さとふる:https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1302436

<提携サービス一覧>
ソウ・エクスペリエンス「体験ギフトサービス「総合版カタログBROWN
イネサス「地域循環型福利厚生サービス
UCカード「プラチナ会員限定優待サービス
三井住友カードプラチナゴールドカード会員限定優待サービス
(※一部抜粋)

メディア掲載事例>
NHKクローズアップ現代」(2022年6月20日放送)
kiitos2022年6月30日発売)
Tarzan2022年8月25日発売 No.840)

日経ヘルス(2022年9月13日発売 2022秋号)
婦人画報(2022年9月30日発売)
(※一部抜粋)

株式会社プリメディカ】
重大疾患の発症リスクを早期に判定する検査の研究開発/マーケティング/販売など予防医療に特化した事業を展開しています。脳梗塞心筋梗塞の発症リスク検査「LOX-index(R)」をはじめとする疾患リスク検査サービスを全国3,000施設以上の医療機関を通じて提供しております。
https://www.premedica.co.jp/

■会社概要
会社名:株式会社プリメディ
代表者:代表取締役社長兼CEO 富永 朋
本社所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園2丁目3-3 寺田ビル 5階
設立:2010年7月
事業内容:・予防医療事業・最先端医療技術の研究開発事業
URLhttps://www.premedica.co.jp/

■本件に対するお問い合わせ
株式会社プリメディ
事業企画部
佐藤 摩耶
Tel:03-5776-1105
Email:mar@premedica.co.jp

配信元企業:株式会社プリメディ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ