9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で、気丈に喪主を務めていた妻・昭恵氏(60)。その昭恵氏が、安倍氏の死去から約2週間後、公の場で山上徹也容疑者(42)についての想いを語っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

会長挨拶で最愛の夫を喪った悲しみを吐露

 昭恵氏は7月25日2014年から会長を務める公益財団法人「社会貢献支援財団」が帝国ホテルで開催した「社会貢献者表彰式典」に参加。社会福祉や国際貢献に携わった企業などを表彰する式典だったが、昭恵氏の出席は直前まで決まっていなかったという。

「事件直後ですから、財団の人も前日まで『別の人が代理で表彰するかも』と言っていました。しかし当日、昭恵さんが出席すると知らされた。『社会貢献のための賞だから出席した』と仰っていました」(参加者)

 午前10時半に始まった式典。冒頭の会長挨拶で、昭恵氏は最愛の夫を喪った悲しみを吐露した。そして、山上容疑者についてこう語っていたという。

式典終了後、受賞者たちとの食事会にも参加

「犯人のしたことを、許すことはできません。でも、なぜ殺人をする前に相談する人がいなかったのか。誰か相談できる人や、悩みを打ち明ける場所があったなら、こんな事件にはならなかったのでは……そう悔やまれてなりません。困ったら助けてあげられる社会になり、孤立した人たちを無くすことによって、犯罪を無くすことができるのではないでしょうか」

 その後、30組の受賞者を代表して挨拶したのは、罪を犯した元受刑者の雇用を十数年間続けてきた企業だったという。

「昭恵さんは、式典終了後に設けられた受賞者たちとの食事会にも参加しました。自然と受賞者たちの輪の中に交ざっていた。いくつもあるテーブルを回って挨拶や写真撮影にも応じ、顔なじみの人を見つけると、和やかに会話していました」(別の参加者)

 9月28日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および9月29日(木)発売の「週刊文春」では、昭恵氏の今後のほか、側近らが懸念した安倍氏統一教会(現世界平和統一家庭連合)との急接近、アベノミクスや外交政策の徹底検証、安倍派の後継者が抱える“アキレス腱”、台湾からの代表団が岸田文雄首相に挨拶できなかった背景など、「安倍晋三『光と影』」と題した11ページに及ぶ総力特集を掲載している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年10月6日号)

史上最長政権を築いた安倍氏 ©共同通信社