世論調査で反対意見が6割以上と国葬の執り行いの賛否を問われる中、安倍晋三元首相の国葬が9月27日に行われた。東京の警備は厳戒態勢。警察も全国から応援を呼び、2万人態勢で警備された。

 国葬の当日には、国葬が行われる千代田区九段下日本武道館の周辺は車両および、徒歩での通行も規制されるということなので、まずは前日の26日に現地の様子を見に行くことにした。

「故安倍晋三国葬儀場」と看板がデカデカと設置されていた

 秋らしい心地よい風が吹くが、残暑の強烈な日差しでじっとりと汗をかく。

 武道館の入り口には弔問客用の受付や記帳台が準備されているが、まだ入場規制はなく誰でも武道館の前にたどり着くことができた。ちなみにこの日の17時以降からは入場を規制するようだ。

 武道館前には「故安倍晋三国葬儀場」と看板がデカデカと設置され、警察官や係員が準備に追われていた。その武道館の前では自衛官が整列し、明日の国葬に向けて敬礼や黙祷の練習を行っていた。その周りには何社かの報道陣と何人かの見物客が集まっており、スマホで撮影したり武道館を見上げたりしていたので話を聞いてみた。

 60代の都内に住むという女性は「安倍さんは親しみを感じるので好きです。いとこが会ったときに気さくに写真を一緒に撮ってもらったって言ってました。山形に住む妹も明日献花するために上京してきました」。

「国を上げての一大イベントだから見にきた」という人が多かった

 その国葬のために山形から来たという同年代の妹は「やっぱり国を守ってくれたし、外交で海外で活躍したでしょ。トランプさんとも仲良くしてたし」と話してくれたが、二人とも話の最後には「政治のことはよくわからないけど」とも付け加えていた。

 二人組で来ていた女性の学生たちは「やっぱり長く首相をやったので日本の首相といえば安倍さんのイメージです。安倍さんのことで一番覚えてるのはアベノマスクかな? 使ってないけど。でも当時マスクがなくて助かったって人もいたかな? 今日武道館へ来たのは学校が近くにあったのと、今話題の出来事だから見てみようかなっていうだけです」という。

 国葬に関する世論調査でも若い世代は賛成の意見が多いと言われ、経済を良くしたというイメージを持たれているようだ。

 物静かに武道館を眺めていた70代の男性は「安倍さんは長くやったから、外交でも海外の首脳たちが覚えてくれた。国葬は強いて言えば反対。特に安倍さんは好きではないけど、国葬が行われるというのは時代の1ページだよね。それを見にきました。あとは歴史が判断するでしょう」という。

 わざわざ国葬の準備だけを見に武道館へ足を運ぶのだから安倍元首相には批判的ではなく、他の人に話を聞いたり様子を見る限り、国を挙げての一大イベントだから見にきたという感触は強い。国葬の前日に武道館へきたのは、国葬に興味を持つ人達にゆっくりと話をきけるチャンスがあると思ったからだ。国葬当日には交通規制も敷かれ、献花客も多くなるであろうことから、かなりの人出が予想される。

一つのデモの出発地点へ

 9月27日の安倍元首相の国葬当日の朝、午前10時。千鳥ヶ淵緑道の入り口では、献花に訪れる人の長い列ができていた。朝8時半までに来ていた人には整理券が配られており、整理券を持っている人は優先的に献花台へ続く道へと入場していくが、それでもひっきりなしにくる客で並ぶ人の列はどんどん伸びてゆく。献花するまでに長い時間を待つ覚悟が必要になっていた。

 靖国通りの通行規制のかかっていない歩道を通り、九段下交差点へと向かう。九段下交差点からの靖国通りは完全に封鎖され、車の通行はできない状態に。付近には警察官が隊列を組み、常に目を光らせ何かあれば駆けつけられるようにしていた。今日は国葬に対するいくつかのデモが予定されており、九段下交差点を通過するようになっていた。

 そのうちの一つのデモの出発地点に足を運ぶ。出発地点の小さな公園では年配の人々が国葬反対とプリントされたのぼりを組み立てたり、お弁当を食べていたりしていたが、周りは警官に取り囲まれており、離れてみると物々しい雰囲気でもあった。

 デモの出発時間を待っていると若者の団体が合流し、ゲバ文字の入ったヘルメットを着用しはじめた。デモ行進に向けて演説と「国葬粉砕!」とシュプレヒコールをあげる彼らは、以前に筆者が取材した東京オリンピック開会式の会場近くでデモを行ったのと同じ団体だった。

デモ隊と警官が葬儀が終わるまで膠着状態に

 ヘルメットをかぶった集団が先頭に立ち、シュプレヒコールをあげながら行進する。九段下交差点が近くになると、彼らはお互いの腕を組みスクラムを組みながら行進していた。九段下交差点を通過する際には、警官たちがガードしていたが特に何事もなく通過。交差点近くで国葬反対派に食ってかかる人もいたものの、大きな混乱もなくデモ行進はゴールへ到着した。

 デモ終了後は各自で抗議活動が予定されていたが、公園を大量の警官に取り囲まれているためなのか、ヘルメットを脱いで少し休憩すると、そのまま九段下交差点へ向かっていく。このままだと警官たちと衝突するのではと思っていたら、案の定交差点の手前でもみ合いになり、葬儀が終わるまで膠着状態になってしまった。

 九段下交差点の辺りでは小規模な抗議活動が頻繁に起こり、警官たちの苛立ちも高まったのか、周りで撮影していた記者たちも警官たちに押しのけられた。筆者も記者証を着用していたが、デモの記録係と間違われ複数の警官に掴みかかられるハメになった。記者証に気づいた警官はバツが悪そうにどこかへ行ったが、かなり不愉快な気分にさせられることに。

安倍元首相の政治家としての影響力は、やはり大きかった

 時間は献花受付終了時刻の16時を回っていたが、途切れることのない献花客と勤め先や学校帰りの人出も相まって、靖国通りはまだごった返していた。

 献花客の列を見ていると、献花客の一人が報道陣に向かって「おい! こっちも撮れよ! 3時間も並んでるんだぞ!」と叫んでいた。訪れるひとには安倍元首相を偲ぶ国民も多いが、一生に一度あるかないかのイベントとして捉えている人が多く感じられ、国を挙げてのお祭りのような雰囲気もあった。

 安倍元首相は以前から賛否両論を起こしてきたが、亡くなってもまだまだ議論を巻き起こすのだから、やはり政治家としての影響力が大きかったのは間違いない。その様々な議論を終わらないまま亡くなってしまったのは、日本にとっては大きな損失だろう。

写真=八尋伸

(八尋 伸)

看板が設置された武道館。警備にあたる警官が多く歩いていたが、国葬の前日はチェックなしで誰でも武道館前に行けた