はじめしゃちょー

人気YouTuberはじめしゃちょーが28日、自身の公式YouTubeチャンネルはじめしゃちょー(hajime)』を更新。台風15号の被害を受けた静岡県に義援金300万円を贈ったことを明かした。

【動画】静岡県の被害状況


■浸水した住宅街…

静岡県に3億円の豪邸を所持するなど縁が深く、今回は現地のリアルな被害状況を伝えるために動画を撮影した。

はじめしゃちょーによれば、静岡県の中でも特に静岡市清水区の被害が大きかったとのこと。同区在住の友人から送られてきた画像を公開すると、そこには、公園に浸水の影響で使用できなくなった大量の家具などが。

浸水した住宅街を撮影した動画では、歩いている大人のひざ辺りまで水が達していることがわかる。「確実にこういう状況が静岡の街で起きています」とはじめしゃちょーは神妙な面持ちで話した。


関連記事:広瀬すず、台風被害の地元・静岡を心配 「何か必要なものあれば…」

■現地を訪れ確認「想像以上」

はじめしゃちょーも、実際に被害に遭った街を訪れたという。「想像以上の被害でした。清水の方が被害がびっくりするくらい出ているみたいで。家が壊滅的に影響を受けた方とか、取り返しのつかない被害を受けている方もいらっしゃいます」と説明する。

「この後が大事になると思いますので、その街に住むものとして、できることをしたいと思いました」と語った。

■「義援金300万円出させていただきました」

静岡では、義援金の募集を開始している。

はじめしゃちょーは「台風15号の被害に遭われた地域の復旧を心から願っております。僕にできることは、確実な情報を発信することと、被害に遭われた地域に対しての義援金300万円させていただきました」と報告。「少しでも役に立てればと思っております」と話した。


■静岡県の被害状況

・合わせて読みたい→国葬直前に出現した「それより静岡救え」勢力、完膚なきまでに論破される事態に…

(文/Sirabee 編集部・RT

はじめしゃちょー、静岡に義援金300万円 台風被害は「想像以上」