画像はイメージ

都内在住の20代後半女性(派遣社員/未婚/年収300万円)は、メーカー系の会社で働く派遣社員だ。女性はキャリコネニュースに、

「手取り19万5000円。月残業30時間ほどでこの手取りなので少ないと思います。交通費は除いています。残業しないと生活できないため、上司に業務を増やしてもらうように頼んでいます」

と打ち明ける。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「将来転職するために知識をつけていると割り切っています」

女性は「昇給も望み薄なので、将来転職するために知識をつけていると割り切って仕事をしています」という。苦労して残業代を稼いでも、決して暮らしに余裕はないからだ。

「唯一の救いが借り上げ寮の制度があることですが、東京都住みのため元の家賃がそこそこして、家賃を削るのは厳しい状態です。もう少し広い家に住みたい。とにかく食費を削るために実家の兄弟にふるさと納税の返礼品を送ってもらったりだとか、食事をかなりシンプルにしています」

この先、いつ会社から残業を控えるよう言われるかわからない。女性が言うとおり、転職を視野に入れたほうがいいだろう。

手取り12.5~13万円「残業がなく、給料が減った」20代男性たち 

実際、長引くコロナ禍向かい風となり、残業代を稼げなくなってしまったと嘆く声が寄せられている。

「結婚したいが金銭的な理由で将来が不安。大企業なのに基本給が安く残業代に頼っている。しかしコロナの影響で残業がなく、給料が減って貯金することができない状態で生活している」(男性20代前半/北海道/流通・小売系/正社員/未婚/手取り13万円/年収300万円

「飲食店で正社員してますが、コロナ禍になり残業がなくなり基本給だけになりました。住宅手当とかないので、生活するだけでとてもしんどいです」(男性20代後半/東京都/未婚/手取り12万5000円/年収200万円)

残業しなくとも普通の暮らしができるくらいの基本給が当たり前になるといいのだが。

月30時間の残業代込み、それでも手取り19.5万円の20代女性