アマゾンジャパン9月29日Prime Videoにて10月より配信する新着作品を発表しました。

 TVアニメラインナップとしては、複数企業からの権限を募る制作委員会方式ではなく、アニメーションスタジオMAPPA100%権限委譲して制作するアニメチェンソーマン大川ぶくぶ氏による4コママンガを原作とするにした『ポプテピピックTVアニメ―ション作品第二シリーズ、総人口の約8割が超常能力“個性”を持つ世界を舞台に、ヒーローを目指す主人公・デクの成長と戦いを描くTV 僕のヒーローアカデミア』の第6期など、期待のアニメが見放題作品として多数配信される。

 『ポプテピピック TV―ション作品第二シリーズ』はPrime Videoの見放題で独占配信となっており、『チェンソーマン』と『僕のヒーローアカデミア』は見放題ですが各話が最速で配信されます。

アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_001 アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_002 アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_003

(画像はAmazonプライムビデオ 2022年10月に新しくなったコンテンツ – Amazonについて | 日本より)

 また、アニメ映画作品としてTVアニメ機動戦士ガンダム』15話「ククル・ドアン島」をモチーフにした安彦良和氏による43年ぶりの新作映画機動戦士ガンダムククルス・ドアンの島10月1日あわせて機動戦士ガンダム THE ORIGIN全6作品や、機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争などのOVA3作品、そして10月からTV放送が始まる機動戦士ガンダム 水星』の魔女』も配信される。

アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_004
(画像はAmazonプライムビデオ 2022年10月に新しくなったコンテンツ – Amazonについて | 日本より)

 さらに、1987年から放送され人気を博した仮面ライダーBLACK白石和彌監督のもとリブートする仮面ライダーBLACK SUN10月28日(金)より帯域配信される。なお、本作はPrime Videoが設定するレーティングでは18+(成人向け)となっているため注意しよう。

アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_005
(画像はAmazonプライムビデオ 2022年10月に新しくなったコンテンツ – Amazonについて | 日本より)

 このほかに、第94回米国アカデミー賞 国際長編映画賞や、第74回カンヌ国際映画祭脚本賞などさまざまな映画賞を受賞した映画ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』10月12日(水) )から見放題で独占配信される。

 同作は村上春樹の同名の短編小説もとに、短編映画『偶然と想像』寝ても覚めてもを手掛ける濱口竜介氏が監督および脚本を扱った作品だ。を黙認し、そのまま妻が死別してしまった演出家の主人公が、演劇と放浪により、自らが縛られる文化社会的な規範と本来すべき役割を認め、再生する物語が描かれる。

アマゾン プライム・ビデオが10月より『チェンソーマン』、『仮面ライダーBLACK SUN』を配信_006
(画像はAmazonプライムビデオ 2022年10月に新しくなったコンテンツ – Amazonについて | 日本より)

 好きな作品がある読者は、ぜひ盛りだくさんの10月の配信を楽しもう。

Amazonプライムビデオ 2022年10月に楽しめる新着コンテンツ - Amazonについて| 日本はこちら