Massive Galaxy Studiosは、横スクロール画面の都市建設シミュレーションゲームLakeSide』を発売開始した。開発途中のゲームリリースする「早期アクセス版」となる。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込1990円。10月6日まで税込1791円(10%オフ)のセールを実施している。日本語には対応していない。

 『LakeSide』はスクロール画面美しいピクセルアートが特徴の都市建設シミュレーションゲーム

 舞台は湖のほとりプレイヤーはここで静かな町を建設して管理したり、絵のように美しい都市国家に拡張したりすることができる。木材、金属、石材などを収集し、新しいテクノロジーを研究しつつ人口や文化を増やして繁栄を目指そう。

 ゲームを進めていくと、さまざまな建物がアンロックされ宮殿などが建設できるという。建物のバリエーションは60種類以上あるとのこと。また3つのシナリオがあり、各ゲームで使用可能な建物が異なっているという。

古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_001
(画像はSteamより)
古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_002
(画像はSteamより)
古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_003
(画像はSteamより)
古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_004
(画像はSteamより)

 古代ギリシャに影響を受けつつさまざまな文明を取り入れたアートデザインが特徴的で、特に横スクロール画面とピクセルアートを採用していることがユニークだ。

 Steamユーザーレビューでは記事執筆時点では「好評」となっており、アートデザインリラックスできるゲームの方向性は魅力的ながらも、一部のゲームバランスの不備やUIが使いづらいという指摘がある。

 特にしばらくプレイすると建築スペースが不足して、既存の建物を壊す必要が出てくる点が不便という意見がある。既存の建物がアップグレードできる仕組みがあるとユーザーフレンドリーになりそうだ。

古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_005
(画像はSteamより)
古代ギリシャのようなピクセルアートが特徴の都市建設ゲーム『LakeSide』が発売開始_006
(画像はSteamより)

 現在はあくまで早期アクセスアルファなので、今後はこうしたことを改善するアップデートや、日本語の対応などを望みたいところ。

 なお今後の展開に向けた多くのことが予定しており、ロードマップを近日中に公開予定だという。

 横スクロール画面と美しいピクセルアートが魅力的な『LakeSide』が気になった人は購入、またはウィッシュリストへの登録を検討してみてはいかがだろうか。

Steam『LakeSide』はこちら『LakeSide』公式Twitterアカウントはこちら