ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふるは、9月20日に開設した「令和4年9月台風・豪雨被害 緊急支援寄付サイト」で、9月28日から、静岡県川根本町、森町の寄付受け付けを開始した。これにより同サイトで扱う自治体数は24自治体となった。

画像付きの記事はこちら



 「令和4年9月台風・豪雨被害 緊急支援寄付サイト」では、ふるさと納税制度を活用して掲載自治体1000円から1円単位で指定した金額を寄付することができる。また、この支援に関し、自治体からさとふるへの支出が発生することはなく、寄付決済手数料をさとふるが負担するため、寄付者の善意をそのまま自治体へ届ける。

 川根本町では、台風15号の影響で倒木や土砂崩れ、道路の陥没などが発生し、一部地区が孤立状態となった。また、森町では、町内を流れる川が氾濫し、浸水や道路の損壊、土砂崩れなどの被害が発生した。多くの人々から被災地の復旧・復興を支援してもらえるよう、今回「令和4年9月台風・豪雨被害 緊急支援寄付サイト」で寄付受け付けを開始した。

 さとふるでは、今後も全国の被災自治体を支援する取り組みを通して、「被災地を応援したい」と願うすべての人とともに被災地支援に貢献していく考え。

さとふる「令和4年9月台風・豪雨被害 緊急支援寄付サイト」で寄付受け付け開始