年齢によって髪質はどう変化する?髪の老化現象の原因と対策とは
年齢によって髪質はどう変化する?髪の老化現象の原因と対策とは

髪の変化への対処とは?

いつの頃からか髪のパサつき、うねり、抜け毛などを感じるようになったという方は多いと思います。

髪質の変化というものは、誰もにでも起こり得る症状なのです。

髪質の変化とは?

妊娠や出産による影響

女性がはじめに髪質の変化を実感するのが、妊娠や出産のときでしょう。

急に髪が抜けたりつやがなくなったりと、これまでなかった違いを感じたという方も多いですよね。

これは急激な女性ホルモンの変化に伴って起こる症状で、時間が経って安定してくればおさまってしまうことがほとんどです。

年齢による変化

それ以外に考えられるのは年齢による変化です。

おおよそ30代から40代くらいで、髪のパサつきやうねりを実感する人が多いです。

ひどい場合は抜け毛が増え、薄毛になってしまうこともあります。

パサつき、うねり、抜け毛などの髪質変化の原因

髪の老化現象ともいえるパサつき、うねり、抜け毛などの症状は積極的にケアしましょう。

パサつきの原因

女性ホルモンエストロゲンは、つやを作ってすこやかな髪を育てますが、加齢によって減ってしまうことでキューティクルが衰えパサつきが出てしまいます。

キューティクルがはがれた髪は、栄養がダダ漏れ状態になってしまうのです。

うねりの原因

また、はがれたところだけに湿気が吸収されてしてしまい、膨張しているように見えてしまいます。

膨らんだところとそうでないところができてしまい、髪がうねっているように見えてしまうのです。

また髪のうねりの原因は、加齢によってたるんだ頭皮が影響しているとも考えられます。

たるみにより毛穴の形が曲がっていると、生えてくる毛にうねりが出てしまいます。

やせ髪・抜け毛の原因

やせ髪、抜け毛などは加齢によって髪の毛を作り出す毛乳頭や毛母細胞が小さくなったり、機能が低下することで栄養不足になってしまい、細くなったり抜けてしまうのです。

髪質変化の解決策

ヘアケアとして取り入れたいのが、シャンプーを変えてみることです。

加齢髪に市販の石油系シャンプーでは、髪に大切な成分を落としてしまうので避けましょう。

弱酸性商品は髪や頭皮をいたわりながら洗え、育毛シャンプーは髪や毛乳頭、毛母細胞などに積極的に働きかけて洗えるのでおすすめです。

髪質が変化したときの対策として取り入れてほしいのが、食事、運動、睡眠、ストレス解消などの基本的な生活習慣を正すことです。

ホルモンバランスを整えたり、髪の細胞の活性化にかかせません。

いつ起こるかわからないこそ、日頃から生活習慣には気をつけましょう。

髪の寿命は何年?