国内の個人ゲーム開発者である727NotHound9月29日『Photogenic Minds : Identity』を発売した。

 対応プラットフォームはSteamで、価格は税込み1900円となる。

 発売時点でバージョンは0.9とされるため、作者の不具合をチェックしたり、必要に応じてフィードバックを行うと良いだろう。

デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_001
(画像はSteam:Photogenic Minds : Identityより)

 『Photogenic Minds : Identity』はデッキ構築型の3D探索サイコホラーゲームだ。ゲームプレイは3Dの回廊でループしながらオブジェクトを撮影し、写真にすることで発動する効果を組み合わせてデッキ構築」することが中心となる。

 回廊は任意のタイミングループし、スタート地点に戻ってしまう。しかしながら撮影した写真はスタート地点で再撮影可能なオブジェクトとして登場する。プレイヤーはこの仕組みを戦略的に利用し、回廊の攻略を進めていく。

デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_002
(画像はSteam:Photogenic Minds : Identityより)

 Steamストアページではゲームシステムの詳細は明かされていないものの、本作の開発のために制作された試作版『Playable Mockup』に近いシステムである可能性が高い。

 仮に『Playable Mockup』と同様のシステムであれば、プレイヤーループする回廊で「被写体」と呼ばれるオブジェクトの撮影を行う。各オブジェクトは撮影することで回廊の攻略に必要な「効果を持つ写真」に変化。時間を操作する効果の「写真」を収集し、ゲーム開始時の深夜0時から正午12時まで進行させることで「死者の魂」が出現する。回廊で無事「死者の魂」を撮影すればゲームクリアとなる。

デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_003 デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_004 デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_005

(画像はSteam:Photogenic Minds : Identityより)

 試作版『Playable Mockup』では、主人公ステータスとして撮影可能な枚数を決定するフィルム数」ループの開始時に前の周回で獲得した写真を撮影するための「枠」と「電力」主人公SAN値を奪う脅威の駆除に必要な「駆除能力」という値が設けられている。そのため、プレイヤーは時間操作のみならず、ステータスを強化する効果の写真も撮影する必要がある。

 また、同作ではフィルムを使い切ることでループリセットされ、次の周回の開始時には前の周回で撮影した写真を「電力」と「枠」を消費して再び撮影できる仕様となっている。これらのシステムにより、同作は不気味で緊張感のある空間の中、デッキ構築型」らしい頭脳戦を楽しめるものとなっていた。

 いっぽうで、『Photogenic Minds : Identity』のスクリーンショットではフィルムと「駆除能力」のアイコンのほかに新たなアイコンが追加されており、ロケーションも和風の建築電車と思わしき空間も追加されている。おおまかな要素は『Playable Mockup』を踏襲していながらも、試作版から大いに変化した作品になりそうだ。

デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_006 デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_007 デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_008

(画像はSteam:Photogenic Minds : Identityより)

 このほかに、本作には死者の特性と名前を推理する「論理パズル要素も用意される。こちらは写真によるデッキ構築以上に頭を使うコンテンツだが、強力な「探偵道具」を持ち込むことで、強引に全てを解決することが可能だ。

デッキ構築型の3D探索サイコホラーゲーム『Photogenic Minds : Identity』が発売開始_009
(画像はSteam:Photogenic Minds : Identityより)

 本作は前述のとおりにバージョン0.9としてリリースされており、発売から半月でバグや修正などを補完する予定だ。バージョン1.0のリリース後は更に遊びの幅を拡張するアップデートが実施されるため、開発者である727NotHound氏のTwitterチェックしよう。

  撮影ギミックデッキ構築ゲームシステム、そしてホラーゲームが融合したキメラのような魅力を放つ本作。興味がある読者はぜひ本作を遊んでみよう。

Steam:Photogenic Minds : Identityはこちら国際指定怪異123号 廃村はこちら727NotHound(@727NH_Official)TwitterはこちらSteam:Playable MockupはこちらP.M. プレイアブル・モックアップ Ver1.10:無料版はこちら