おいしいうどん屋として絶大な支持吠えている、人気のうどん屋『松ト麦』の店主・井上こんさんが、自身の公式Twitterにて、ギランバレー症候群の疑いがあることを書き込みし、多くの人たちが心配し、早期の回復を祈っている。

根強いファンが多数いるお店

『松ト麦』は、たぐいまれなる店主の知識とスキルで、今までにない絶品すぎるうどんを作り続けている名店だ。うどんを複数おかわりする人が多数いるほどである。しかも一品料理も絶品で、根強いファンが多数いるお店でもある。

<井上こんさんの公式Twitterコメント

「ギランバレー症候群の疑いがあるとして今朝緊急入院となりました。昨日までの高知で徐々に怪しい症状が現れ、帰宅後救急車のお世話に。薄い紙もちぎれないくらい握力が落ち(さっき測定したら30代女性の平均の1/10だった)&手足しびれ&痛みで歩けず、立ってるだけで生まれたての子鹿になります。5日間の入院必須で状況により長引くようです。つきましては誠に申し訳ないのですが、お店をしばらくお休みします。今週ご予約の方にはご連絡済みで、来週以降の方にも順にご案内していきます……(予約枠は有効のままです)再開の目処が立ち次第お知らせします。どうぞよろしくお願いいたします」



著しく体調を崩していることは事実

実際にギランバレー症候群なのかどうかは不明だが、どうであれ本人が著しく体調を崩していることは事実であり、早期の回復を願うファンの声が多数インターネット上に書き込まれている。

。井上こんさんの回復を心から強く祈る

『松ト麦』のうどんは唯一無二のおいしさを誇る、希少なグルメだ。井上こんさんの回復を心から強く祈るとともに、彼女が編むうどんが少しでも早く食べられるようになることを心から願う。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

めちゃくちゃウマイうどん屋の店主が「ギランバレー症候群の疑いで今朝緊急入院」