昭和後期、男子も女子もクラスの大半が持っていた任天堂ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)。近年このファミコンソフトに、骨董的美術的価値がつき始めています。

高騰し続けるレトロゲームの現状

 ブームの勢いは凄まじく、ソフトが大量に製造販売され、市場に溢れかえったため、人気がなかったソフト100円、480円、980円、1980円といった価格で叩き売られていたり、場合によっては「ご自由にお取りください」とされたりすることもあったファミコンソフト。にもかかわらず、現在となっては、数万円ほどで取引されるソフトは当たり前、数百万円のものさえあるのです。

 2021年には、なんと海外で新品・美品の「スーパーマリオ64ソフト156万ドル(約1億7000万円)で売れたこともありました。これはオークションという特殊な環境による高騰ともいえますが、一般市場もこうした高騰の傾向が出てきています。

 それでは、具体的にどんなソフトが、どんな理由で注目を集めているのでしょうか。

※発売年は日本での発売日を参照
※価格目安はレトロゲームの大手販売店「スーパーポテト」での近年の箱付き並品販売価格を参照
※価格遷移はおおよその発売当時定価(ワゴン価格)→2010年時点の価格→近年の価格の順

◆◆◆

スペランカー1985年発売)/5000円(なし)→5000円→2~10万円
スペランカーは並品でオバケPOPがあることはまずないので、状態の良いものを基準に価格を算出
 

 ゲームに関心のある人なら誰でも知っていて、アプリや新作も出ている、いわゆる即死系ゲームクソゲーと言われることも……)として有名なゲームスペランカー』も高騰しているソフトの一本。

スペランカー』は、ジャケットが特殊な仕様となっていました。下の写真のように切り取り線があるおばけポップが付いているのです。

 子供は、ファミコンの箱や説明書は雑に扱うのが当たり前でしたし、切って下さいと言わんばかりのポップ。それだけに、このポップが残っているものは希少価値が高い! おばけポップ付き完品美品なら4、5万円ほどで販売されています。

 また、発売元「アイレム」の初期ゲームは、カセットランプが赤く光るダイオード仕様が有名なのですが、後期の『スペランカー』にはダイオードなしのものが存在します。ダイオードなし、かつ、おばけポップが残っている状態のものは、現在数十万円で取引されています。

傷だらけのカセットが5万円前後でやり取りされることも……!

ギミック1992年発売)/5000円(なし)→1万円→10万円

 ファミコン高騰ソフトの3トップと言われているうちの一本が、この『ギミック』です(他のタイトルは『サマーカーニバル’92 烈火』[後述]と『バトルフォーミュラ』)。

 高騰した理由としては、ファミコンの後期発売、つまりスーパーファミコンが主流になっていただけに販売本数が少ない“隠れた名作”となっていたこと。発売当時は大きく取り上げられず、埋もれてしまっていたタイトルが、近年のレトロゲームブームで見直され、ニーズが高まった結果、価格が高騰したというわけです。

ギミック』は長きにわたる開発期間と、専用のサウンドチップを使用するなど、ゲームクオリティが高く、発売時期がもう少し早ければ、あの『星のカービィ』すら超える名作になったのではないかと言われることも珍しくない一作。そのため、国外からの需要も高く、海外にソフトが流れていくため、国内価格の高騰が著しいといった背景もあります。

 これほど需要の高いゲームになってくると、傷だらけのカセットのみ、また説明書のみ、箱のみでも数万円します。こうしたニーズに応えるかたちで、ホビー通販ショップ駿河屋」では、箱のみ、説明書のみの販売も行われています。

サマーカーニバル’92 烈火(1992年発売)/5000円2000円)→数万円→10万円~数十万円

 1990年前後には、ゲームの開発会社が大会を主催し、そこで使用するゲームを“正式タイトル”として発売するというマーケティングが頻繁に行われていました。本作『サマーカーニバル’92 烈火』も、発売元のナグザットが行った全国規模の大会「サマーカーニバル」92年度の正式タイトルとして開発された一作です。

 そのように積極的に売り出されていたにもかかわらず、価格が高騰している。つまり、それだけ大会への参加者は少なかったわけです……。結果的に『サマーカーニバル’92 烈火』は、ファミコンの市販品として最も高額なソフトとしてファンの間で有名な作品になりました。

 そんな悲しい歴史を持つ本作ですが、現在では、コレクターたちの間で買い控えが起きてしまっているのです。その理由は、箱や説明書までも精巧な偽物が登場してきたこと。骨董的価値のあるソフトは、時が経るにつれてどんどん値段が上がっていく傾向にありますが、本物と区別がつかないほど精巧な偽物が出てくると、コレクターからの注目度も落ち着いてしまうわけです。とはいえ、その人気は健在で現在も高額販売が行われています。

キャプテンセイバー1992年発売)/5000円2000円)→数百円~2000円→10万円

キャプテンセイバー』は、いたって普通のアクションゲーム。目立った特徴はなく「良作」という評価が多い作品で、先に取り上げた『ギミック』のように“隠れた名作”というわけではありません。それにもかかわらず、現在は完品であれば、10万円近い金額でやり取りされています。

 その理由は、ファミコンタイトルではわずか3作しかないカセットの“特殊形状”(その他のソフトは『バブルボブル2』と『ジェットソン』)。箱もこの3作専用のもので、希少性が評判となり、近年急激に高騰した一作です。

ドラゴンズレア1991年発売)/5000円2000円)→数千円→2万円~数万円

 さまざまなハードで発売されている『ドラゴンズレア』のファミコン版は「クソゲー」として名高い作品です。あまりのゲームバランスの不安定さを一度体験してみたいというレトロゲームマニアからの支持を受け、「ソフトを手に入れたい」「プレイしたい」という需要が高まりました。

 また、本作の高騰要因はそれだけではありません。もう一つの理由に挙げられるのが、カセットの独特のカラーです。

 もともと、発売元のエピックソニーは、特殊な色合わせのカセットを出すことでも有名だったのですが、本作は、ファミコン全約1050タイトルで1つしかない、白と紫のツートンカラーとなっています。そうした希少性が本作の高騰の一因でしょう。

大物政治家不祥事がきっかけでソフトが高騰することも……

舛添要一朝までファミコン1992年発売)/5000円2000円)→数千円→1万円 ※政治資金問題当時は5万円

 田代まさし所ジョージ聖飢魔II明石家さんまビートたけしラサール石井……。有名人を主要キャラクターに据えたゲームも多々発売されたファミコンソフト。そのなかでも近年、急激に高騰した一作が『舛添要一朝までファミコン』です。

 高騰の要因は、舛添要一東京都知事が起こした政治資金の公私混同疑惑。ファミコンソフトの説明書と一緒に付属されていた「舛添BOOK」なる冊子に「自分のお金を使えない男は最低である」と記述されていることが発覚し、その他の記述内容を見たいという需要が高まったのです。

 また、冊子だけではなく、「どんなゲームか触れたい」「メディアで取り上げたい」といった機運も高まり、当時はこのゲームを持っているだけでメディアに出られるほどでした(私自身の体験談)。

 この他にも、タレントもののソフトは逮捕や出所など、当人の不祥事が要因となり、市場価格が高騰するといったパターンがあるのが特徴です。

メタルスレイダーグローリー1991年発売)/8000円(ほとんどなし)→1万円→5万円

 発売予告から4年ほど経過し、誰もが開発中止になったと思っていたタイミングで、突如発売が発表された『メタルスレイダーグローリー』は、ファミコン最大容量の8メガROMを搭載したグラフィックの良さ等からゲーマーの高評価を集めた作品です。

 しかし、開発に時間がかかったため、発売当時はすでに次世代ハードスーパーファミコンが流行しているという状況。そのため、ファミコンソフトは見込み出荷でなく、受けた注文分を出荷するという安全策をとるメーカーが多かったため、出荷本数が少数になってしまい、本作もほどなくプレミア化しました。

 スーパーファミコンが市場を席巻する前に発売されていたら、売れ行きが大きく変わっていたでしょうから、そうした意味では、もったいない一作と言えるかもしれません。

囲碁指南’94(1993年発売)/5000円2000円)→数千円→数万円

プレイしない”ファミコンソフトナンバーワンといっても過言ではない『囲碁指南’94』。それもそのはず、本作はゲームでありながら、コンピュータや対人での対局はできないのです。棋力判定という要素はありますが、過去の名局を見るのが内容のメイン。ただでさえ、競技人口が多いとは言えない囲碁にもかかわらず、囲碁を見るゲームを買う人がどれだけいたのでしょうか……。

 シリーズとして5作品が発売されているうち、最後に発売された、この「’94」が市場在庫が少なく、高騰しているのですが、シリーズ前作品や将棋名鑑シリーズなど、同系統のタイトルもいずれ高騰することが予測されています。

 ファミコンソフトコンプリートを目指している人は、何が何でも全部そろえたい。けど、プレイできないゲーム……というわけで、コレクター泣かせのゲームでもあります。

大型付属品セットソフトは狙い目!?

エキサイティングボクシング1987年発売)/1万円(ほとんどなし)→数千円→数十万円

ドレミッコ』『トップライダー』『スペースシャドー』など、大型付属品があるソフトは高騰しがち。なかでも1987年コナミから発売された『エキサイティングボクシング』は、群を抜いて高額で取引されている作品です。

『エキサイティングボクシング』は付属品のサンドバッグを殴ってプレイするというゲームでした。当時流通していた、キーボードや銃系の付属品に比べて、保管しにくく、ビニール製で大きく、殴ったせいで破損してしまったものも多いのでしょう。完品の流通量が少なく、価格が高騰しています。

 そして、本作にはコナミ特有のキャラカードが付属されていたので、カード目当ての人や、カードコンプリートを目指している人が欲しがっていることも、高騰理由に挙げられるでしょう。余談ですが、コナミが付属させていたキャラカードのなかには、1タイトルで何種類もバリエーションがあるものもあり、これまたコレクター泣かせ。なお、『エキサイティングボクシング』はキャラカードが1種類なので、その点は安心です。

130万円で取引される“シール

エグゼドエグゼス特別シール非売品)/なし(なし)→数万円→数十万円~

 ここまで紹介したゲームは全て市販品でした。しかし、ファミコンソフトの中には非売品も存在します。そして、当然のことながら非売品は流通量も少なく、市場価格の桁が変わります。市販品で最も高額なソフトが数十万円だとしたら、非売品だと数百万円、場合によっては、億単位で販売される可能性も……。

 そんな非売品のなかから今回取り上げるのは、1985年に発売された『エグゼドエグゼス』の特別シール

『エグゼドエグゼス』は一般発売されたソフトですが、ハイスコアを出したときに表示されるパスワードを応募すると、カセットに貼るシールがもらえるというキャンペーンを行っており、そのシールプレミア化しているのです。このシールにはシルバーゴールドプラチナ、純金の4種類があり、つい最近、130万円という超高額でプラチナシールが取引されていました。シールが数百万円という狂気の世界……。当時の誌面以外で一度も発見されたことのない純金ステッカーともなれば、数千万円、億もあり得るかもしれません。

◆◆◆

 今回紹介したソフト以外にも、プレミア化している作品が多数あるファミコンソフトの奥深すぎる世界。

 珍しい作品でなければ、高額になっていないのでは? と思われるかもしれませんが、意外にもプレイした人の多い『スーパーマリオ』や『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』といったタイトルも高騰しています(完品美品が必須)。もしかすると、皆さんの実家にもお宝が眠っているかもしれませんよ!

ゲーム芸人フジタ)

©iStock.com