埼玉県千葉県東京都神奈川県横浜市川崎市千葉市さいたま市相模原市で構成される「九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会」では、ワンウェイプラスチック製品(使い捨てプラスチック製品)、容器包装、食品廃棄物の減量化やリサイクルを促進するため、「チャレンジ省資源宣言」事業を推進しています。2022年は「エコたろうとめぐる省資源おかし話」をテーマに、省資源につながる情報発信などと合わせ、この取組を多くの方に知っていただくために「チャレンジ省資源宣言プレゼントキャンペーン」を2022年10月1日(土)より実施します。

キャンペーンビジュアル

キャンペーンビジュアル

(1) 「チャレンジ省資源宣言プレゼントキャンペーン」について

「チャレンジ省資源宣言」を行った事業者が実施する、使い捨てプラスチック製品や容器包装、食品ロスの削減の取組を紹介するリーフレットを、小売店舗の店頭や九都県市の公共施設などで配布します。リーフレットに添付された専用はがき又はキャンペーン特設サイトからアンケートに答えて応募すると、省資源化に取り組む事業者の商品など素敵なプレゼントが抽選で当たります。

■キャンペーン応募期間

2022年10月1日(土)~11月30日(水)※当日消印有効

■詳しくはこちらから

https://www.resource-saving.jp/challenge-2022campaign/

(2) エコたろうと考える「くらしの中でできること」をWEBで公開!

キャンペーンWEBサイトでは、地球のためにエコ活動をしている「エコたろう」が、いつもの暮らしの中で取り組める食品ロス削減対策など、“省資源につながる様々なアイデア”を紹介。昔話やおとぎ話主人公が登場し、親子でも楽しく学べますのでぜひご覧ください。

キャンペーンサイトイメージ

キャンペーンサイトイメージ

(3) 「てまえどり」キャンペーンも同時展開!

スーパーコンビニエンスストアなどでお買い物をする際、「すぐ食べる」「今日食べる」食品は期限が近い商品(手前にある商品)を積極的に選ぶ、「てまえどり」をすることで「食品ロスの削減」につながります。「てまえどり」をお買い物のスタンダードにして、省資源化にチャレンジしてみませんか?

※チャレンジ省資源宣言キャンペーン期間中に、「てまえどり」を呼びかける専用POPを九都県市域内の様々な小売店舗で掲出します。

てまえどりPOPイメージ

てまえどりPOPイメージ

【「チャレンジ省資源宣言」について】

Challenge(チャレンジ:挑戦) 企業が環境のために様々な挑戦をして

Choice(チョイス:選ぶ) 消費者が環境のことを考えて商品・サービスを選ぶと

Change(チェンジ:変わる) 持続可能な世界に変わります。

ワンウェイプラスチック製品、容器包装、食品廃棄物を減らしたり、無駄にしないために企業が行う取組を応援し、住民への普及啓発を行うことで持続可能な資源利用への転換を目指しています。

チャレンジ省資源宣言ホームページ https://www.resource-saving.jp/

キャンペーンビジュアル