海外音楽情報専門podcast『speakeasy podcast』とSPICEの連動企画。毎週金曜日に海外でニューリリースになった楽曲やアルバムの中から、Spotifyの『New Music Friday』のプレイリストやイギリスの『Official UK Charts』などでピックアップされているリストを独自に集計し、MCを務める竹内琢也が特にオススメしたい5曲を紹介。SPICEではニュースが中心のpodcastでは紹介しきれない、楽曲をより深掘りしたコラムをお届けしていく。今週の5組はエド・シーラン、パラモア、テイト・マクレー、YG、ショーン・メンデス。リリースまでの背景やアーティストの情報まで網羅できるので、洋楽好きはもちろん、洋楽が気になっている人も要チェック。

今週の気になるニューミュージック5選

●「Celestial」/エド・シーラン

Ed Sheeran, Pokémon - Celestial [Official Video]

エド・シーランの新曲「Celestial」がリリースになりました。今作は『ポケットモンスター』とのコラボ作品です。エド・シーランは小学校で流行ったポケモンカードキッカケに、ポケモンアニメを毎週VHSに録画したり、ゲームボーイポケモンプレイするという子ども時代を過ごしており、現在でも長距離フライトなどでは『ポケットモンスター』をプレイしていることを明かしています。今作のジャケットデザインアーティストの長場雄が描き下ろしたエド・シーランとピカチュウイラストが使われており、公開されたMVでも長場雄のイラストからアニメーションが制作されています。エド・シーランは子どもの時の誕生日に買ってもらったゲームボーイカラーを今でも使っていることを明かしていますが、MVにはゲームボーイカラーも登場しています。2021年にも『ポケモンGO』とコラボしており、この「Celestial」も11月18日(金)発売予定のシリーズ最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の挿入歌として使われることが発表されています。エド・シーランにとって客演ゲストを入れないオリジナル楽曲のシングルリリースは、昨年リリースアルバム『=』以来これが初となります。

●「This Is Why」/パラモア

Paramore: This Is Why [OFFICIAL VIDEO]

パラモアの新曲「This Is Why」がリリースになりました。ヘイリー・ウィリアムスのソロ作品はここ数年もリリースされていましたが、バンドとしては5年ぶりの新曲となります。2017年発表の『After Lughter』以来となるニューアルバムThis Is Why』を2023年2月10日(金)にリリースすることも発表しています。パラモアといえば2000年代からのポップパンクパイオニアで、ここ数年のポップパンクの再ブームと共に、影響を公言するアーティストも多いですが、今作はポップパンクというよりはインディーロックに影響を受けた様なサウンドです。UKのバンドブロックパーティーや、今年のインディーロックシーンの最大の注目バンドともいえるウェット・レッグ(デビューアルバム『Wet Leg』がUKアルバムチャート1位、マーキュリー・プライズにもノミネート)から大きく影響を受けたと明かしています。

●「uh oh」/テイト・マクレー

Tate McRae - uh oh (Visualizer)

テイト・マクレーが新曲「uh oh」をリリースしました。テイト・マクレーはカナダシンガーで、2020年リリースの「You Broke Me First」で世に知られ、今年の5月にデビューアルバム『i used to think i could fly』をリリースしていました。今作はアルバムリリース後初のシングルとなります。Spotifyでは日本、オーストラリア&ニュージーランド、UKなど多くの『New Music Friday』の上位にリストインしています。

「Sober(feat.ロディ・リッチ&ポストマローン)」/YG

YG - Sober (Audio) ft. Roddy Ricch, Post Malone

YGのニューアルバム『I GOT ISSUES』がリリースになりました。YGはコンプトン出身のラッパーで、今作は2020年リリースしUSアルバムチャートで最高4位を獲得したアルバム『My Life 4Hunnid』に続くスタジオアルバムとなります。フォーカストラックに参加しているロディ・リッチ、ポストマローンの他にも、J.コール、マネーバッグ・ヨー、ハー、ナズなど豪華なアーティストが参加。意外なところでいうとアメリカベッドルームポップシンガーソングライターCucoも参加しています。

●「Heartbeat」/ショーン・メンデス

Heartbeat (From the Lyle, Lyle Crocodile Original Motion Picture Soundtrack / Lyric Video)

ショーン・メンデスの新曲「Heartbeat」がリリースになりました。自身が歌うワニの声を演じている『Lyle,Lyle,Crocodile(原題)』のサウンドトラックで、アメリカでは10月7日(金)に公開が始まることからそれに合わせてストリーミング配信が始まったとみられます。公開されたサウンドトラックトラックリストによると、ショーン・メンデスはこの曲を含む8曲にクレジットされており、他にもスティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke」やエルトン・ジョンの「Crocodile Rock」なども収録されている様です。

9月30日(金)配信の『speakeasy podcast』(#207)では、ほかにも今週の様々な音楽ニュースを取り上げていますので、お時間ある時に聴いてみてください。

文=竹内琢也

『speakeasy podcast』