画像はイメージ

年収が1000万以上あっても、節約を心がけて暮らしている人は多いようだ。キャリコネニュースが行うアンケートには、そんな人々からの「節約術」が寄せられている。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは「お金はあるのに貧乏性の人」をテーマアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/PIXKF66W

コンビニは定価なのでわざわざスーパーペットボトルのお茶を買う」

千葉県の40代女性(事務・管理/年収1000万円)は、「スーパーで値引きシールが貼ってある商品を必ずチェックします」と綴る。さらに

「割引やグラム単価は必ず計算! 雨の日の夕方は狙い目」

とおすすめの時間帯まで教えてくれた。長年節約を意識してきた習慣が染みついているのだろう。

コンビニは定価なのでわざわざスーパーペットボトルのお茶を買う」と綴るのは東京都の40代男性(企画・マーケティング・経営・管理職/年収1500万円)だ。その他にも

ランチ1000円以内に抑えたくなる。旅行でホテルを予約するときは価格比較は必須。遊園地スーパー銭湯などアミューズメント施設に行く際は必ずクーポンを探す」

と節約に対する高い意識を綴る。年収が1500万円あっても、生活のあらゆる場面で「安さ」を追い求めているようだ。

年収1000万以上でも貧乏性の人々 「スーパーで割引やグラム単価は必ず計算!雨の日の夕方は狙い目」