「足の速さは、もって生まれた才能である」と考える方も多いかもしれませんが、誰しもが速く走れる可能性を秘めていることが近年の研究で明らかになってきました。ジャマイカウサイン・ボルト氏とトレーニングした経験を基に「走りの学校」を創設した和田賢一氏の著書『走り革命理論 今まで誰も教えてくれなかった「絶対に足が速くなる」テクニック』から一部抜粋し、「誰でも足が速くなる走り方」について解説します。

走る距離で使い分けるべき、2種類の「走り方」とは

父親 和田さん、走り方には2種類あるというのはどういうことですか?

和田 ごもっともな疑問です。お答えする前に僕からも質問なのですが、「走る」は英語でなんと言いますか?

父親 「ラン(run)」です。

和田 ありがとうございます、おっしゃるとおりです。日本でも、ランニングという言葉をよく耳にしますよね。僕ら日本人にとっての「走る」は、このランニングの走り方なんです。

和田 僕はビーチフラッグスという競技で世界1位になるために足の速さを追求し続けていたのですが、やがて壁にぶつかりました。それまでのトレーニングをいくら続けても、足は速くならなかったんです。そこで、藁にもすがる思いでジャマイカに向かいました。

父親 そうだったのですか。先ほどボルト選手のコーチのお話をしていましたが、ジャマイカではボルト選手と一緒に練習したのですか? そんな経験をした日本人は聞いたことがなかったので、驚きが隠せません。

和田 はい。毎日一緒に練習しましたよ。もっと足が速くなるにはどうすればいいか、日本では見つからなかったのですが、どうしてもあきらめきれず、視野を広げて「世界一足が速い人と自分の走りを比べたら、何か見つかるかもしれない」と考えたんです。

そして、ボルト選手の所属する陸上チームで練習をさせていただけないかと、つたない英語でメールを送りました。ありがたいことに、ボルト選手の陸上チームが僕のことを受け入れてくださることになり、3ヵ月間、練習に参加させていただいたんです。

父親 なるほど。そのときに新しい走り方に出合ったのですか?

和田 そうなんです。練習初日に違和感があったんです。僕の走りと彼らの走りは、速さが違うというより動き方が根本的に違うという印象を受けました。

父親 そこまではっきりとわかるほどの違いだったのですね。

和田 はい。今思い返せば、それもそのはずで、彼らの走り方はランニングではなく、もうひとつの走り方、「スプリント(sprint)」だったんです。ラン(run)とスプリント(sprint)は動詞が違うわけですから、動作が違うのもイメージしやすいですよね?

そしてボルト選手を育てたコーチが、僕の走りを見て言った言葉で、それが確信に変わったんです。

「ケンイチ、お前の走り方はマラソンランナーの走り方だ。踵から地面に着いてしまっている、つまりランニングだ。ランニングの走り方は、最高速度を求められる短距離走において、スピードを大きくロスしてしまう。ボルトたちはランニングで走っていない。スプリントで走っているんだ」

これが、2つ目の走り方、スプリントとの出合いでした。20mという短距離のスピードを競うビーチフラッグスで限界を感じていたのは、それまでの走り(ランニング)が長距離を走るには適していても、スピードに特化した走り方ではなかったからなのだと知りました。

日本は子どもから野球選手までみんな「ランニング」

父親 ジャマイカで出合ったもうひとつの走り方、スプリント。それを習得して和田さんは、3ヵ月間で100mが1秒も速くなったというのですか?

和田 はい。間違いなく、そのとおりです。

父親 走り方ひとつで、そこまで速さが変わるのですね……。

和田 僕自身いくら努力を重ねてもまったくタイムが変わらない時期が長かったので、タイムが縮まったときの衝撃ときたら、走るということの固定観念が根本から覆されたかのようでした。ジャマイカコーチは全然驚いていませんでしたけどね。「当然だろ」って。

さらにもうひとつ驚いたのは、帰国してプロ野球サッカーJリーグの試合を見ても、足が速いと言われている人すら、みんなランニングで走っているんですよ。運動会で走っている子どもたちの姿をSNSなどでたくさん見ますけど、みんなランニングで走っているんです。

ごくわずかな人以外のすべての人が、かつての僕と同じようにランニングとスプリントの違いを知る機会のないまま、大きな伸びしろを見過ごして、足の速さは才能だとあきらめていたのです。

短距離の走り方をマスターすれば、必ず足は速くなる

父親 その人たちも、スプリントさえ習得すれば、さらに足が速くなる、と?

和田 まさに、おっしゃるとおりです。ランニングの走り方をスプリントに変えるだけで、誰でも足が速くなるんです!

父親 正直、そう簡単には信じられません。

息子や、かつての私のように足の速さを求める人はごまんといるでしょう。でも、今身についている走り方がそもそも速く走るのに適していないなんて、ありえるのでしょうか。

和田 僕たち人間が先天的に身につけている走り方は、ランニングの走り方です。しかし、もっと速く走れるようになるためには、スプリントの走り方を後天的に習い、身につける必要があるんです。

ランニングという走り方は歩行の速度を上げた延長線上にあるのですが、そのまま速度を上げても速いランニングになるだけで、スプリントという走り方にはならないのです。

決定的な違いは踵を地面に着けるか?着けないか?

父親 ランニングの速度を上げた延長にスプリントがないとはどういうことですか?

例えば、ランニングマシーンに乗っていたとして、速度を上げていくにつれて、「歩く」から、だんだんと「ランニング」になっていきますよね? そこから走るスピードをさらに上げていけば、「スプリント」になるのではないですか?

和田 それが、ならないんです。

お父さん、今履かれているシューズはなんと呼ばれていますか?

父親  これは、俗に言うランニングシューズですよね。

和田 はい。ランニングに使用されるシューズのソールは、踵の部分が分厚くて先端に行くにつれて薄くなっています。

しかし、短距離をできるだけ速く走ることが求められる陸上短距離のシューズは、スパイクが着いているのは前側だけで、踵が着かない前提の形状をしています。

このこともまたランニングテクニックとスプリンテクニックが異なるものであることを端的に表していると言えるでしょう。

父親 たしかに。シューズの形状がまったく異なるというのは私自身も気になっていましたが、走り方が違うのであれば納得です。

和田 はい。興味深い事実として、人間よりもはるかに足が速い動物は、例外なく踵を地面に着けないで走ります。生きるために獲物を瞬時に狩る、または天敵から瞬時に逃げるために進化を遂げた結果、足と地面の接する面積を限りなく小さくしたのでしょう。

一方で人間は、速く走ることよりも前足を手に変えて、足は踵を着けて直立し、さまざまなことが手で行えるように進化をした動物だと言えます。

しかし、僕たちが経験するサッカーや野球、ラグビーといったスポーツや、小学校で行う徒競走など、人間が創り出したスポーツや活動の多くは、短い距離をできるだけ速く走る能力(スプリント)が求められるルール設定がされています。

それにもかかわらず、速く走るためのテクニックを学ぶ環境や方法論が確立されていません。

走るという無意識にできる動きだからこそ、それを習うという考えに至らず、多くの人が速く走りたいと願いながら、それを才能の差だと誤解してしまっているのです。

父親 なるほど。なぜ私たちが足が速くなりたいと思い、悩むのかが少しわかった気がします。

ところで和田さん、スパイクの話に戻りますが、スプリントは踵を着かずに走るということがおっしゃりたいのでしょうか? だとしたらひとつ言いたいのですが、「踵を着かずに走る」なんて、割とよく言われることではないでしょうか? 失礼ですが、それくらい私でも知っています! 足を速くするために、私だって多少の勉強はしていますので。

和田 ありがとうございますお父さんの真剣な想いが伝わってきます。踵を着かないで走るほうが速いというのは、お父さんのおっしゃるとおり、多くの方がご存知です。しかし、僕自身、それを頭でわかっていながらも、実践するとうまくできませんでした。

和田 賢一

走りの学校 校長

(※写真はイメージです/PIXTA)