日本人選手がゴールした試合が大荒れになり、死傷者が出る事態になった。悲劇的な事件が起きたのは、インドネシア1部リーグのアレマ対ペルセバヤ・スラバヤ戦。

試合は山本奨の決勝ゴールでアウェイのペルセバヤが2-3で勝利した(アレマの山口廉史も途中出場)。

『Bola』などによれば、ペルセバヤが敵地で勝利するのは実に23年ぶりだったそうで、アレマのサポーターホームでの敗戦を受け入れられなかったという。

敗戦直後に数百人がピッチ上に侵入してパトカー4台を燃やすなど大暴れすると警察当局や警備員と衝突したとのこと。

【動画】山本の決勝ゴールと試合直後の暴動シーン

当局側から催涙弾が発射されるとサポーターたちはパニックに陥り、押し倒されるなどしたようだ。

『AP』などによれば、この混乱で120人以上が死亡したという。地元保健当局者は「120人以上が亡くなった。カオス、密集、踏みつけ、窒息で死亡した」と述べており、死者のなかには警察官2名も含まれている。

混乱が広がった理由のひとつには避難する前にスタジアムの照明が消されてしまったこともあるようだ。

なお、FIFAの規則では催涙ガスの使用は禁じられているようで、当局側の対応が問題になる可能性も指摘されている。

日本人ゴールの試合で120人以上が死亡する大惨事…ファン乱入で大混乱