「乳輪をレーザーで焼いて皮膚を剥がした」「肋軟骨を取って鼻に移植」…総額4000万円!双子整形モデルが体験した“壮絶手術” から続く

 双子モデルとして活動している姉・吉川ちえさん(34)と妹・吉川ちかさん(34)。2人はこれまでに総額4000万円を超える整形手術を行ってきたことを公表し、ダウンタイム中の様子もYouTubeで配信している。

 2人に整形をして変わったことや家族の反応などについて、話を聞いた。(全3回の3回目/最初から読む

 ◆◆◆

整形するのは自分のため

――実際に整形をしてみて「楽になった」とおっしゃっていましたが、周囲の反応などは変わりましたか。

ちえ どうなんだろう。周りの声はあんまり気にならなくて、考えたことなかった。

ちか 二重幅が広い時とかに「やりすぎ」とか、鼻が曲がってる時に「曲がってて変」とか言われるけどね。別に整形したからといってそういう声がなくなるわけではないし。常に批判は付き物だよね。今から10年くらい前は整形を公表する人があまりいなかったから、「グロい」とか「バケモノだ」って叩かれたりもしたし。

 でも、他人にかわいいと思われたいから整形したわけではないので。自分が自信を持って生きていくために整形しただけで。

 

ちえ 20代前半の頃、2人でキャバ嬢をしてたんですけど、整形して売り上げが上がったとか、指名されるようになったとか、全くないよね。ちかの言うようにただ自分に自信がついただけで。

 学生時代から胸を張って言える得意なことがなかったんです。運動も駄目だし、歌も駄目だし、勉強も駄目で。

 でも今、整形のことだけは唯一自信を持って話せる。前までは緊張して人前で話せなかったんですけど、今は自信を持ってハキハキ話せるというか。整形は自分対自分の個人戦なんですよ。

ちか 誰かのためじゃなく、自分のためにやってるから自己満ですね。誰かと戦うとかではなく自分との戦い。自分のかわいいとか、自分の美しいをずっと探してる。初対面でも「吉川ちかです。私は整形してます」って言っちゃいます。

ちえ 社交辞令で外見を褒められたら「いやいや、整形ですから」とか言うよね。「整形の人とか無理」みたいなことを言い出す人ってたまにいるじゃないですか。だから後から言うよりは先に言っちゃいます。

――今後も整形を続けていくのでしょうか。

今後も整形を続ける理由

ちえ そうですね。今の整形の満足度は50点いかないくらいなんです。100点は絶対に無理だから、70~80点を目指しています。70点なら合格点かなあ。ベースは出来てきたから、調整だなというところです。

ちか 私も50点くらい。私は100点を目指したいし、90点くらいまでは行きたい。

――ちかさんのほうが目標のハードルが高いんですね。

ちか そう、だから今私のほうが整形欲が強いのかも。

 知り合いで、ほとんどの整形をやり尽くした「神」が乗り越えたルフォー(上顎骨を骨切り後あらゆる方向に移動し、理想的な位置に固定することで骨格の不調和を改善する施術)は、やっぱり整形のラスボスだと思ってるんですが、それはやってみたいです。

 ルフォーは、骨を切ってダルマ落としみたいに抜くので、顔自体の長さを短くするんですよ。そこまでやったら満足するかもって思っています。

――ちなみに整形してからご家族や友達などの反応はいかがですか。

ちえ 友達とかはめっちゃ褒めてくれるよね。

ちか そうだね。変だと「それはおかしいよ」って言ってくれるし。だから、私は自分の思うかわいい顔を目指すっていうのと、周りの信用できる人たちの声だけを聞くようにしてます。

ちえ お母さんは最初は、「元からべっぴんさんなのに」って少し否定的だったけど、今は理解してくれています。私たちのお父さん的存在だったおじいちゃんは気づいてもなかったよね(笑)

ちか 結構変わったと思うんだけど、何か言われたことはなかった。ダウンタイム中に会っても何も気にしてないし、歯のセラミックでやりすぎて真っ白だったときも「なんか変わった?」って。

――話は戻りますが、お2人は一緒のキャバクラで働かれていたんですね。

ちか そうです。当時はお金がなくて、稼ぐために始めました。

ちえ 私はその時はテレアポで働いていたんですが、ちかから一緒に働こうって誘われて。整形のお金を稼ぐために週4~5日出勤してたよね。

ちか 双子だと「ええ、もう1人も呼んでよ」って言われることが多いから、お客さんを共有できたんです。

ちえ ちかがお店を休んでる時にちかに指名が入っても、「双子ならどっちでもいいよ」って私を呼んでくれたりもして。

――幼少期から「双子だということで比較されてきたのが嫌だった」とおっしゃっていましたが、お2人は職場も同じだったんですね。離れたくなることもありそうですが。

双子であることを隠し、一度は別々の道へ行ったが……

ちか 高校の時は、一緒にいるのが嫌すぎて別々の学校に行きました。友達にも双子というのは隠して。

ちえ 家から1時間以上かかる全然知らない土地の高校に行って、双子の妹がいるのを秘密にしてましたね。でも結局、やっぱり一緒がいいなって。

ちか たぶん私がキャバクラに誘って再結集した時からだよね。

ちえ その頃は私が仕事がきつくて、荒れまくっていた時期で。家族に迷惑がかかるぐらい酒を飲んで暴れていたよね。自暴自棄になっていた。おじいちゃんに一度、「家族の縁を切るか」くらいの話をされて活を入れられて。それでちゃんとしなきゃって思い始めました。 

 そんな時にちかキャバクラに誘われたから、これからはやっぱり2人で一緒に頑張ろうっていう気持ちが出てきた。

ちか ストレスフルな環境だったもんね。それから『小悪魔ageha』の専属モデルになって、“双子モデル”として活動していくことになったんです。仕事も同じだから、ずっと一緒にいる。

――一度は離れたけれども、やっぱり一緒のほうが精神的にも安定する。

ちえ そうですね。今は整形のことも共有できるし。どちらかが先に経験した施術だったら、ダウンタイムで仕上がりが不安なときに「これは腫れが引くから大丈夫なやつだよ」ってアドバイスをもらえる。

ちか 冷静な意見を言い合えるよね。整形する場所についても、「これはやめたほうがいいと思うよ」とか、「ここ気にならない?」とか、お互い言ってます。

ちえ やっぱりお互いにずっと顔を見合ってきたから、一番理解してるんだよね。

写真=志水隆/文藝春秋

(宿無の翁)

姉の吉川ちえさん(左)と、妹の吉川ちかさん(右)