カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 ある日、娘を連れておもちゃ屋に行った母親は、見知らぬ女性から50ポンド(約8000円)分のギフトカードを受け取るという驚きの体験をした。

 ギフトカードと一緒に入っていたメッセージを読んで、母親は涙を流さずにはいられなかったようだ。

 その女性は亡くなった自分の娘への思いを、同じくらいの年齢の子供に重ね合わせ、喜ぶ姿を想像することで幸せな気持ちを共有したかったのだ。

 お金が足りなくて、欲しいおもちゃが買えなかったところにこのサプライズ。母親は感謝の気持ちを伝えたくて、いつかこの女性の目に留まればと、このことをSNSに投稿した。

【画像】 おもちゃ屋で予期せぬギフトカードをもらう母と娘

 9月13日、北アイルランドに住むケイトリン・フォスターさんは、娘のレイシーちゃんを連れて、祖母の家の近くにあるおもちゃ屋Smyth Toys(スミストイズ)へ行った。

 レイシーちゃんは、おばあちゃんから貰った10ポンド(約1600円)を握りしめ、おもちゃを買いにきたのだ。

 店内に入ると、たくさんあるおもちゃに目移りしたレイシーちゃんは、10ポンド以上のおもちゃを手にし、「これがほしい」「あれがいい」と言い出した。

 ケイトリンさんは、「10ポンドしかないから、それでおさまる金額のおもちゃを選びなさい」と何度も娘を諭していた。

[もっと知りたい!→]見知らぬ人のやさしさが心にしみる瞬間。ファミレスで誕生パーティーを行い会計を済ませようとしたところ...(アメリカ)

 そんな時、店のスタッフ3人が母子のもとへ近づいてきた。そして、50ポンド(約8000円)分のギフトカードを手渡してくれた。

Smyths_Toys_superstore,_Newport_e

ギフトカードに込められた思いを知った母親は感動の涙

 スタッフによると、その日の朝見知らぬ女性がやって来て、そのギフトカードを買って置いて行ったのだという。

その女性は、スタッフに「就学前の子供が来たら、渡してあげてください」と言って去ったそうです。スタッフの誰も、その女性のことを知りませんでした。」(ケイトリンさん)

 ケイトリンさんは、見知らぬ人のやさしさに胸打たれながら、ギフトカードの封筒を開けた。すると、このようなメッセージが記されてあった。

9月15日に、4歳になるはずだった私たちの娘ジュノの愛情深い思い出とともに。このギフトカードをぜひ使ってくださいね

 その文面を見たケイトリンさんは涙した。女性の娘ジュノちゃんは、その日4歳の誕生日を迎えることなく、旅立ってしまったようだ。

女性の背景にある悲しみを想像した店のスタッフも、カードに記されてあったメッセージを読んで涙を流さずにはいられなかったと話していました。

私が涙すると、スタッフもまた泣いていました。

 レイシーちゃんはそのギフトカードを使い、欲しいおもちゃゲットすることができたようだ。

 ケイトリンさんは、この1件をFacebookシェアした。いつか、この女性が投稿を目にして、彼女の思いやりをケイトリンさんとレイシーちゃんが受け取ったことを知ってもらえたらと思ったのだ。

もし、ジュノちゃんのママが投稿を読んでくれたら、本当にありがとうと言いたいです。彼女は私の娘をとても幸せな気持ちにしてくれました。私は、メッセージを読んで以来、女性と女性の家族のことをずっと考えています。

彼女がしてくれた親切にとても感激しています。他の人たちにも、この親切を伝えることができたらいいなと思います。

References:Smyths Toys random act of kindness brings mum and staff to tears - Belfast Live/ written by Scarlet / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

見知らぬ人のやさしさが心にしみる、おもちゃ屋で予期せぬギフトカードをもらった母親が感動をシェア