カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 人間はまだ子宮内にいる胎児の時から味覚や嗅覚が備わっているようだ。この赤ちゃんニンジンが好きで、苦い野菜のケールが嫌いなのだろう。

 イギリスの研究グループが、妊娠中の母親にいくつか食材を食べてもらったところ、ニンジンを食べた時は胎児が「笑顔」に、ケールを食べた時には「泣き顔(しぶい顔)」を浮かべることが確認された。

 これは、赤ちゃんが生まれる前から匂いや味に反応することを示す世界初の証拠であるとのこと。人間の味の好みが、お腹の中ですでに形成され始めている可能性もあるそうだ。

【画像】 母親が何かを食べた時の胎児の顔を調査

 この不思議な実験をおこなったのは、英ダラム大学の研究グループだ。

 エベザ・ウストゥン氏らは、妊娠32~36週の妊婦100人にニンジンケールを食べてもらい、そのときのお腹の赤ちゃんの様子を4D超音波エコー)で検査した。

 すると、お腹の赤ちゃんは生まれる前から食べ物に反応することがわかったのだ。

 たとえばお母さんニンジンを食べると、赤ちゃんは「笑い顔」になった。その反対に、独特の苦味があるケールでは、「泣き顔」になった。

 なお妊婦さんたちはカプセル入りの食材を食べたので、赤ちゃんお母さんが感じた味や匂いに反応しているわけではなさそうだ。

・合わせて読みたい→人間の胎児の手足にトカゲのような筋肉があることが3D撮像スキャンで明らかに(米研究)

 人間は味覚と嗅覚で食べ物を味わうが、胎児の場合、子宮内の羊水を吸い込むことで味わっている可能性があるとのことだ。

ニンジンの場合は、にっこりと笑い顔に

1_e0

image credit:Fetal and Neonatal Research Lab, Durham University

ケールを食べた時は、泣きべそを浮かべたしぶい顔に

2_e0

image credit:Fetal and Neonatal Research Lab, Durham University

味覚や嗅覚はお腹の中ですでに形成されている可能性

 赤ちゃんが子宮の中で味や匂いを感じていることを示唆する研究はこれまでにもあった。

[もっと知りたい!→]次は人間の番か?人工装置の中でマウスの胎児を育てることに成功

 だが、それらは出産後のデータに基づくもので、胎児の反応が直接確認されたのは今回が初めてであるそうだ。

 こうした反応は、赤ちゃんの味の好みがお腹の中ですでに形成されている可能性を示唆するものであるという。

 今回の結果は、味覚・嗅覚受容体の発達や、知覚・記憶について理解を深めるヒントになるとのこと。

 また「食わず嫌い」を防ぐためにも重要である可能性があるという。

 たとえばケールのようなお腹の赤ちゃん不人気の野菜でも、繰り返し味わわせてやれば、次第に慣れてくるかもしれない。

 研究グループの次のテーマは、お腹の中で苦手な味を克服した赤ちゃんは、出産後もその味を嫌がらないのか確かめることであるそうだ。

 この研究は『Psychological Science』(2022年9月21日付)に掲載された。

References:Even Unborn Babies Find The Taste of Mom's Kale Salad Repulsive : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

赤ちゃんはお腹にいるときから味覚や嗅覚に反応していた。ニンジンは笑顔、ケールはしぶい顔