鷲見玲奈

2日放送『ドーナツトーク』(TBS系)でフリーアナウンサー鷲見玲奈アナが意外な「岐阜県あるある」を明かし、大きな反響が起きている。


■地元トーク

鷲見アナと女芸人・ヒコロヒー、女優・水野美紀アーティスト・PORINが令和の井戸端会議「ドーナツトーク」を覗き見し、自由にトークを展開していく同番組。

今回は、滋賀県出身のアーティスト西川貴教ゲストに迎え、「地元では当たり前だと思っていたけど日本全国では通じない風習」について語っていった。


関連記事:ヒコロヒー、鷲見玲奈が“24歳で結婚したかった理由”に驚き 「岐阜だけ?」

■アホとバカの境界

鷲見アナが岐阜県出身だと知った西川は「岐阜にはなんとなく、少し優越感を持って接することができる」と吐露。鷲見アナも「岐阜ってホントに、どの県にも優越感持たれている」と嘆きながら、白川郷下呂温泉もあり、海外からの評価は高いと2人で盛り上がる。

そこから西川は「滋賀県って『アホ』が『バカ』になるキワにいるんですよ」と西と東で相手をけなす、イジる際の言葉が「アホ」から「バカ」になる境界線だと解説。

さらにアホとバカのあいだに「手前にたわけが入る(エリアがある)んですよ」と主張し、父親が激怒したときだけ、アホではなく「このたわけが」になると明かした。

■東海地方では…

これに「わかる」と強く共感したのが「たわけ」エリアの岐阜・鷲見アナ。ヒコロヒーは「日本って(関西の)アホエリア・(関東の)バカエリア・(東海地方の一部の)たわけエリアがあるんですか? 細いところに」と笑う。

滋賀県の西川とは異なり、岐阜には「アホ」「バカ」の文化がないため、本当に怒ったときには「ナチュラルにたわけ」「ずっとたわけ」だと鷲見アナは力説した。


■視聴者も驚き

東海地方の一部では「たわけ」が日常的に使われていると明かされた今回の放送。

視聴者からは「たわけって普通に使う人いるんだ」「アホとバカ以外に、たわけがあったんかー」「やべぇ~、うち『たわけエリア』だ!」「たわけってそんな狭い所でしか使われないの? 知らなかった」といった声が寄せられている。

・合わせて読みたい→ヒコロヒー、芸能人のLINE事情を告白 元彼に「死ぬほど怒られました」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

鷲見玲奈、岐阜県出身者の“怒りの言葉”を解説 「アホ」「バカ」ではなく…