カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 最新の研究によると、孤独はタバコよりも老化を早めることが判明したそうだ。他にも絶望・不幸といった負の感情が老化を早める原因になるという。

 この事実は、1万人以上の生体データで学習した「老化予測AI」から判明したことだ。

 『Aging』(2022年9月27日付)に掲載された研究では、これまで見過ごされがちだった心理的要因も老化と密接に関係していることを明らかにしている。

 こうした研究を通じて、老化を加速させる要因を突き止めることができれば、個人だけでなく社会全体のアンチエイジング(老化対策)を考案することも可能かもしれないそうだ。

【画像】 孤独や絶望・不幸といった負の感情はタバコよりも老化を早める

 歳をとると、体の中で分子レベルダメージが蓄積され、やがて老化に関連した障害や病気を引き起こす。ところが、こうしたダメージが蓄積されるスピードは、人によって違う。

 一体、老化速度の違いは何が原因なのか?

 今回、中国の成人1万1000人以上の血液・生体データで学習した「老化予測AI」は、その要因のいくつかを明らかにしている。

 それによれば、老化を進める要因としては、「脳卒中・肺や肝臓の病気・喫煙」などが挙げられる。

・合わせて読みたい→老化が急速に進むのは人生で3回。34歳、60歳、78歳の時にやってくる(米研究)

 だが、だが中でも興味深いのが、老化と精神状態との関連性だ。「絶望・不幸・孤独といった負の感情」が、タバコ以上に生物学的な年齢を上昇させていたのだ。

 ほかにも「独身」であることや、「地方在住」であること(病院の有無との関連が指摘されている)も、老化を加速させていた。

 ここで言う孤独とは一人でいることで「辛く不幸」と感じるもののことだ。孤独でいるほうがが幸せと感じる人にとっては当てはまらないだろう。

2

AIは、心理的要因はタバコよりも老化に関連していると予測 / image credit:Fedor Galkin

アンチエイジングは心のケアから

 こうした結果から、心理的な要因が老化に与える影響は無視できないものであることがわかる。

 ところが、「現代のヘルスケアでは、そうした健康や生活の質を測るもっとも確かな指標がほとんど考慮されていない」と、共同執筆者のマヌエル・ファリア氏(米スタンフォード大学)は指摘する。

 一方で、アレックス・ジャボロンコフ氏(インシリコ・メディシン社)は、この研究について、「国全体の心理的老化を遅らせ、それどころか逆転させる」ための指針になると話す。

・合わせて読みたい→人生のターニングポイントは45歳。老化する人と若々しいままの人の差が現れる(米研究)

 今回の研究に参加する中国のディープ・ロンジビティ社(Deep Longevity)は今年初め、AIによるメンタルヘルスウェブサービスFuturSelf.AI」を公開。

 このサービスでは、AIによる心理診断を通じて、心の年齢や現在・将来の心の健康といったことを無料で知ることができる。

 ディープ・ロンジビティ社によれば、FuturSelf.AIは生物老年学研究の最先端であるとのことだ。

References:Being lonely and unhappy accelerates aging more than smoking, study finds / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

孤独はタバコを吸うよりも老化を早めることが最新研究で明らかに