任天堂は、映像コンテンツの企画・制作を行う「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」が新たに任天堂グループに加わったことを発表し、公式ホームページを公開した。

 「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」は、映像制作会社「ダイナモピクチャーズ」を買収し商号を変更した会社。
任天堂100%出資する、任天堂の小会社となる。本日10月3日に株式取得を実行すると任天堂は発表していた。

 任天堂IPを扱った映像制作を手掛けるほか、モーションキャプチャー収録サービスの提供を行うという。代表取締役にはダイナモピクチャーズの代表だった広川ひろしが続投している。

 現在、任天堂は映像制作に力を入れており、同社の「スーパーマリオ」の映画化プロジェクトが進行中で、アメリカアニメ制作会社イルミネーション」と任天堂が共同で製作をしている。

「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」が任天堂グループに加入、公式ホームページを公開_001
(画像は任天堂が100%出資する、「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」のホームページを公開。 | トピックス | Nintendoより)

 また11月には「キャリア採用」の応募を開始するとして、公式ホームページにて登録を開始している。なお現時点で、新卒採用の募集は予定していないとのこと。

 ニンテンドーピクチャーズ株式会社が設立されたことにより、任天堂のIPを使った映像作品の登場が加速しそうだ。ニンテンドーピクチャーズ株式会社の動向に注目したい。

任天堂「ニンテンドーピクチャーズ株式会社のホームページを公開」のお知らせはこちらはこちら「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」公式サイトはこちら