One Button Pleaseは日本時間で10月2日『Baby Walking Simulator』の価格を100円から価格改定し、Steamにて無料で配信開始した。

『Baby Walking Simulator』が無料で配信を開始_001
(画像はSteam:Baby Walking Simulatorより)

 『Baby Walking Simulator』は赤ちゃんとなり、転ばずにより長い距離を歩くことを目指すゲームだ。SteamDBによると本作は2019年に日本円にして100円で発売されたが、この度の価格改定を経て無料となった。

 捜査はスペースキーを押すこと、離すことのみだが、このふたつの状況が赤ちゃんに及ぼす効果は不明である。

 しかし、一度スペースキーを押したうえで二度と入力しなければ、赤ちゃんはプリプリとお尻を振り、そのまま転倒。そこでプレイヤー物理エンジンで動く赤ちゃんの姿勢や状態と対話するようにスペースキーを押したり、離したりすることとなる。

『Baby Walking Simulator』が無料で配信を開始_002
(画像はSteam:Baby Walking Simulatorより)

 SteamストアページのコメントSNSでのプレイヤーの反応を参照すると、明確な操作方法を明かすことは不可能である様に思われるが、いずれのプレイヤー正体不明の「コツ」を感じることで記録を伸ばしているようだ。

 なお、プロゲーミングチーム「WE-R1」に所属し、本作の世界ランキングトップに君臨するValtaN氏220.159mを記録しているものの、「未だに操作方法は良くわかってません」と語っている。いずれにせよ赤ちゃんの歩行は容易ではなく、たゆまぬ努力が必要となるだろう。

 可愛らしい赤ちゃんのお尻や、ちぎりパン的な形態に隠された忍耐や努力、転んで味わう辛酸、上手くいかない苦渋、果ては操作方法が解らない絶望を乗り越え、ひとまずは100m地点に存在すると言われる伝説の青い門を目指そう。

Steam:Baby Walking Simulatorはこちら