身体能力の高さから通称「百獣の王」と呼ばれている、タレント武井壮さん。元陸上10種競技日本王者であり、バラエティ番組などでは様々な「動物の倒し方」を解説することでもおなじみですが、現在は日本フェンシング協会の会長も務めるなど活躍の幅を広げています。

 そんな武井さんが、とある仕事場での後悔について告白。そのストイックな姿勢に反響が寄せられています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 武井さんは10月3日、自身の公式Twitterに「今日仕事現場で不機嫌な自分を出してしまってとても後悔している」と切り出すと、「まだまだ人間性が磨けていない 仕事仲間を楽しい気分にさせる事ができなくて誰を楽しませる事ができるんだと心から思う」と武井さんらしいストイックな心情を吐露。

 ツイートは午前0:18という深夜に投稿されており、武井さんは1日の終わりを「もうあんなことの無いように自分を戒めよう」と締めくくりました。

 武井さんは2018年にも「今まで自分の不機嫌をぶつけた人たちの『こんな奴なんやなあ』って想いは取り戻せないんだよなあ。。そんな自分で過ごした時間が自分に残してくれるものなんて失望しかない。。そんな人生嫌なんだよ。。素敵な人間に成長したいと本当に思う、ならまずは目の前からやるしかないよな。。頑張ろう。。」と自身の振る舞いについて自戒のツイートを投稿しており、日頃からの意識の高さをうかがわせています。

 この投稿には3847件のいいねが(記事執筆時)寄せられたほか、「わかります」といった共感の声や、「そんなところも人間らしくて安心します。」「そこに気づいている時点で、嫌な自分の倒し方を知ってらっしゃる!さすがです!」といった激励のコメントが多数寄せられています。

<参考・引用>
武井壮さん公式Twitter (@sosotakei)
※画像は武井壮さん公式Twitterスクリーンショットです。

(Shima)

武井壮が深夜の反省 仕事場での後悔に「自分を戒めよう」