動物はどんな表情をしていても面白いもの。言葉が伝わらないぶん、ペットの表情の変化はより愛おしく感じます。

多くの飼い主がペットの写真を投稿し、盛り上がっているのが、Twitterハッシュタグ『#全日本ガン飛ばす猫選手権』。

普段よりも人相…ならぬ『猫相』が悪く写ってしまった愛猫の写真が、全国の猫飼いから続々と寄せられています。

愛猫の、もんたちゃんと暮らす飼い主(@montanonichijo)さんも、同ハッシュタグに写真を公開した1人。

投稿されたのはもんたちゃんが1歳の頃に撮影した写真…なのですが、多くの人が「ウ、ウソだろ…?」と疑ってしまったようです…!

貫禄がすごい…!

少し眠そうでけだるげな目、その目の上にある丸まった上毛、どっしりとした体躯…どれを取っても、弱冠1歳とは思えません!

人生の酸いも甘いも嚙み分けてきたようなその風貌は、飼い主さんがいうように『重鎮』という言葉がぴったり。『長老』や『ボス』といった言葉も似合いそうです。

実際に『全日本ガン飛ばす猫選手権』が開催されたら楽々と本選で勝ち残りそうな1枚に、多くの人から反響が上がりました。

・鼻水吹いた。「おやびん!」って呼びたくなる顔だ。

・はい優勝!絶対に1歳の貫禄じゃない!

・へこんでたけど、この写真を見たら元気になったわ。

「実はもう何回も転生しているのかも」「100年くらい生きているのかも」と思わせるような、もんたちゃんの姿。

今後、成長するにつれて、これ以上貫禄が増していったらどうなるのでしょうか…!


[文・構成/grape編集部]

出典
@montanonichijo