モーニング娘。タレント矢口真里(39歳)が、10月3日に放送されたバラエティ番組「ぜにいたち」(ABEMA)に出演。“パチンコ愛”を告白した。

番組はこの日、巷で囁かれる“パチンコウワサ”を検証する企画を実施。スタジオに登場した矢口は「パチンコは昔すごくハマった時期がある」と明かした上で、「朝イチで店に並んで、入場順を決める抽選で『1番引いた!』って喜んで角台に座って、閉店までいたことがある(笑)。結構ガッツリやってました」とパチンコ愛を告白した。

かまいたち・濱家隆一が「マジっすか!? それは何年前くらいの話ですか?」と驚きながら質問。矢口は「8年前ぐらい。“あの出来事”があってから行かなくなりました…」と小声で暴露。予想外の暴露に、かまいたちの2人も動揺を隠せない表情を浮かべた。