崖

外出中の夫婦のあいだで、ひどい口論が勃発。激しく責め合っているうちに恐ろしい事故が起こっていたこと、そして夫だけが命を落としてしまったことを、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えた。


■勃発した夫婦喧嘩

先日のこと、トルココーヒーショップを経営していた男性(35)が妻(32)と外出。ブルサ近郊の丘を一緒に歩いていたがどういうわけか意見が食い違い、激しい口論が勃発してしまった。

お互いを責め合ううちに、夫婦そろって注意散漫に。すぐそばには崖が迫っていたが、それにはまったく気づかずにいたようだ。


関連記事:妻が就寝中の夫の下腹部を切りつけ実刑判決に 犯行動機は「浮気を疑った」

■崖から転がり落ち大変な事態に

完全にキレて声を荒らげながらも、少しずつ移動していた夫婦。そのうちに崖に到達し、足を滑らせたふたりは約40メートル下に転がり落ちた。

これにより男性のほうは致命傷を負い、そのまま帰らぬ人に。一緒に転落した妻のほうは最悪の事態を免れたが、それでもかなりひどい怪我を負い苦しんだ。

■病院に搬送された妻

重傷を負いながらも妻は必死に移動し、車が通る道路に到達。そこでハンドルを握る人たちに必死に合図を送り、停車して助けてほしいと懇願した。

親切なバスの運転手が妻の存在に気づき、すみやかに停車。傷ついていた妻を救い、すぐに病院に連れて行った。現時点で分かっていることは妻が死を免れたという事実のみで、夫婦がもめた理由、また家族・関係者の反応など、詳しいことは報じられていない。


■当局も捜査を開始

当局は、崖からの転落によって亡くなった男性の遺体を発見し回収。これから検視を進め、死因などを詳しく調べる予定だという。

また警察も捜査を開始し、事故が発生した経緯を調べているとのこと。複数メディアは「悲惨な事故」と報道しているが、事件性の有無に関する当局の見解は不明だ。

秋は山や森に入り散策を楽しむ人が増えるが、危険は決して少なくない。落ち葉が増えるため、滑りやすくなるためだ。また天候の急変もあるため、決して気は抜けない。気持ちにもゆとりを持ち、安全に散策を楽しむよう心がけたい。

・合わせて読みたい→「豊胸すれば?」と夫に言われた女性 暴露話でリベンジしトラブル拡大

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

夫婦喧嘩の最中にそろって崖から転落 夫のみ死亡する悲惨な事態に