3連休はスッキリしない天気、北日本は大雨に注意


2022年10月5日
3連休はスッキリしない天気、北日本は大雨に注意
(解説:#気象予報士 #穂川果音)

こちら、稚内気象台が発表した利尻山の様子です。
今日は、平年よりも二日遅く、初冠雪を発表しました。
こちらの利尻山の頂上には、うっすらと雪が積もっているのが分かりますね。
このように雪となった原因は、上空の寒気にあります。

山で雪となる目安の寒気が北海道まですっぽりと覆ってるような状況です。
このため、北海道の標高の高い所では、雪となりました。
北海道の標高の高いところでは、これから本格的に雪のシーズンが始まっていきそうですね。

一方で、西日本から東日本の南の海上には、前線が停滞しています。
この前線の影響で、すっきりとしない天気となってるんです。
こちらは、今日の正午時点での雨雲の様子ですが、東海や関東甲信地方を中心に雨が降ってるような状況です。

さて、この曇りや雨の天気ですが、まだまだ、この先週末にかけても続きそうです。
今週末は、今年最後の三連休ではありますが、曇りや雨の天気が続きそうというわけで、お天気マークで見ていきましょう。
このように、日曜日から月曜日にかけては、広い範囲で曇り雨の天気がズラリと並んでいます。
というわけで、この週末は傘が活躍するようなお天気となりそうです。
詳しく雨雲の動きを見ていきます。
土曜日は、北陸や北海道の一部で雨となりますが、
その他の地域では日差しの出るところが多いでしょう。

ただ、日曜日になりますと、西から低気圧がやってきます。
このため、西日本や東日本の広い範囲で雨となりそうです。
そして、この日本海を発達しながら進んでいく低気圧の影響で月曜日は北日本でも雨の降り方が強まりそうです。
この三連休にお出かけを考えてる方は、必ず最新の気象情報を確認した方が良さそうです。

では、改めて明日の全国の天気をマークで見て行きます。
明日も全国的に雲が多く、すっきりしない天気となるでしょう。特に、西日本から東日本の太平洋側の地域では、雨の降るところが出てきます。
午後の時間帯はは、東海や関東甲信地方で雨の降り方が強まる所がありそうです。
日中の気温は、大体今日と同じぐらいでしょう。

続いて、この先の全国の天気です。
西日本から東日本は、この三連休にかけては曇りや雨の天気が続き、日中の気温はこの時期としては、低い日が続くでしょう。ただ、来週になると日差しが戻ってきて、ぐっと気温が上がりそうです。
気温の変化で、体調を崩さないようにお気をつけ下さい。
北海道では、日曜日にかけては晴れるところが多くなります。
ただ、月曜日から火曜日にかけては雨の降り方が強まる恐れがあります。最新の天気予報を必ず確認するようにして下さい。

#天気予報 #気象情報 #週末天気 #秋雨前線 #三連休天気 #雨雲レーダー #週間天気 #大雨警報 #ゲリラ豪雨 #雷レーダー #土砂災害 #浸水 #冠水 #増水 #サニースポット