新型コロナウイルス感染症パンデミック以来、連日テレビに出てワクチンの必要性を力説している「専門家」たちが注目を集めてきた。しかし、「そもそも“専門家”とは誰かということ自体、実はかなりあいまいである」と述べるのは、テレビ、新聞、雑誌などでもおなじみの生物学者・池田清彦氏(@IkedaKiyohiko)だ。

ウクライナ
※画像はイメージです(以下同じ)
 科学哲学、環境問題、生き方論など、幅広い分野に関する著書を持つ池田氏が、「専門家だからこそ言えないようなこと」を、その分野の文献や客観的なデータを踏まえながら論じた著書『専門家の大罪-ウソの情報が蔓延する日本の病巣』より、「専門家という肩書の利用価値」についての章を紹介する(以下、同書より抜粋)。

「街頭インタビュー」と「専門家」の重みのちがい

 NHKニュースで流れた映像に対し、青山学院大学の袴田茂樹名誉教授が疑問を呈しているという記事を読んだ。その映像はロシアウクライナ侵攻による戦禍を逃れて来日している女性が、ウクライナ語と思われる言葉でインタビューに答えているもので、「今は大変だけど平和になるよう祈ってる」という字幕がつけられていたのだという

 ところが、ロシアウクライナ情勢の専門家である袴田教授の話だと、女性が話していたのは南方アクセントのロシア語ウクライナ語ミックスで、その言葉を直訳すると「私たちの勝利を願います。勝利を。ウクライナに栄光あれ」ということになるらしい。

意図的な改ざんをしたのはなぜか

専門家の大罪
池田清彦『専門家の大罪-ウソの情報が蔓延する日本の病巣』(扶桑社新書)
 外国語を、そのニュアンスを含めて正確に翻訳するのは難しいが、さすがにこれは意図的な改ざんだと言ってよい。NHKとしてはおそらく、この女性に「平和の大切さ」を訴えてもらいたかったのだろう。しかし、この女性が願っているのはあくまでも「ウクライナの勝利」なのである

ウクライナ=善、ロシア=悪」という前提に立てば、「ウクライナの勝利=平和」は成り立つのだろうし、私だってプーチンが正しいことをしているなんてこれっぽっちも思っちゃいないが、それは一つの見方であって、事実をねじ曲げることの言い訳にはならないはずだ。

 街頭インタビューなんかの場合は、自分たちに都合のいいような意見だけを取り上げれば、世の中の人みんながそう考えているような印象を視聴者に植え付けることも難しくはない。とはいえ、さすがに見ているほうもバカじゃない。

番組の思い通りの結論を出す方法

NHK

 先ほどのウクライナ女性にしろ、街頭インタビューにしろ、市井の人の言っていることなら、「自分はその考えには賛成できない」とか、「その考えはおかしいのではないか」というふうに、反論する人はたくさんいる。たまたまテレビカメラにつかまっただけの素人が言っていることなのだから、それが正しいという保証などないことくらい誰だってわかるだろう

 ところが、「専門家」という肩書をもった人たちが出てきた場合には事情はかなり変わってくる。例えば、「新型コロナウイルスの3回目ワクチンを打ちますか?」みたいな質問に対する街の人の意見を聞いて、「打ちたい」と言う人と「打ちたくない」と言う人が半々だったとしても、スタジオでその映像を見ていた専門家が「3回目のワクチンは打つべきです」と言えば、もうそれが結論になってしまう。

 つまり、望みの結論に確実に導いてくれる専門家を呼んでおけば、思いどおりの結論が出せるわけだ。ある番組に「おなじみの専門家」がいるとすれば、それは番組の思惑とその専門家の意見に乖離がない証拠なのである。

ねつ造してでも使いたい「専門家の言葉」

 生放送の番組でなければ、「編集」という名のもとに専門家の意見をコントロールすることも簡単だ。ある専門家が「高齢者の場合は、やはり3回目も打ったほうがいいですね」という話をしたとしても、「高齢者の場合は」というところを切り取って、「やはり3回目も打ったほうがいいですね」という部分だけを放送すれば、違うメッセージを伝えることができる。

 それが日常茶飯事だとまでは言わないが、ニュースというのは、そういう恣意的な操作ができるのだということを忘れてはいけない。もちろんこれはニュース番組だけの問題ではないアナログ情報というのは伝わっていく途中で変化するからだ。人から人への伝言ゲームだって、伝える人の意識でいくらだって変わっていく。

 受け手によって、情報の読み方も違ってくる。だから専門家の発言が、本人が思ってもみなかった方向にいつの間にか転がっていくことは珍しいことではない。

真逆の話に「編集」された専門家の発言

テレビ

 アメリカでは、「神による天地創造によって宇宙や生命が誕生した」とする「創造論」派と、ダーウィンが提唱した「進化論」派の対立は今も続いていて、保守的な共和党支持者に限っていえば、「創造論」派のほうが圧倒的に多く、2019年の時点でも7割くらいを占めると言われている

 この論争は宗教問題が絡んでいるため、日本人はにわかに信じがたいくらいに今も激しくやり合っているのだ。

 そんななかで、「世界的に有名な生物学者だって、生物は神様が創ったと言っている」と発言した創造論者がいたのだが、実はその生物学者の実際の発言は、「生物は神様が創ったという意見があるけれども、今ではそれは完全に否定されている」ということだった。確かに「生物は神様が創った」とは言ったけれども、その後の発言をカットすれば、これはもう真逆の話になってしまう。

 こういう話は日本でもあちこちに見られるけれど、つまりそれは、ねつ造してでも使いたいくらいに「専門家の発言」というものの利用価値が高いということの表れなのだ。

TEXT/生物学者 池田清彦>

【池田清彦】

生物学者。1947年東京都生まれ。東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授。生物学分野のほか、科学哲学、環境問題、生き方論など、幅広い分野に関する著書がある。フジテレビ系ホンマでっか!?TV』などテレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。著書に『専門家の大罪-ウソの情報が蔓延する日本の病巣』(扶桑社新書)ほか