会社の金を約300万円も横領し…父親に「早くしなさい」と急かされ続けた女性の“悲惨な末路” から続く

 子どもの犯罪や非行、問題行動の背景には、虐待や育児放棄、貧困などのわかりやすい問題だけが関係しているわけではない。実は、親がよかれと思って投げかけた言葉が「呪いの言葉」となって子どもの未来を壊してしまう場合も多いのだ。

 ここでは、1万人の犯罪者を心理分析してきた犯罪心理学者・出口保行氏の著書『犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉』(SB新書)から一部を抜粋。母親に「頑張りなさい」と言われ続けたナオトが犯してしまった犯罪行為を紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く

※守秘義務の関係上、本記事の事例は事実に基づいたうえで一部改変しています。

◆◆◆

「頑張りなさい」と言われ続けたナオトの変化

 ナオトが5歳の頃から、両親はケンカばかりしていた。父親は自動車の営業をしていたが、営業成績が上がらず給与が低かったので、母親がしょっちゅうなじっているのを聞いた。ナオトにとっては、小さなことでも目標達成をするとお小遣いをくれたり、何かとかばってくれるやさしい父親だ。

 しかし、母親からすると「うだつの上がらない、能力が低い男」であるようだ。「お父さんみたいになっちゃダメだからね」と繰り返し言われた。そのうち父親は家に帰らなくなり、他の女性と生活をしていることがわかった。そして、ナオトが10歳のときに離婚した。

 以来、ナオトは落ち込むことが多くなった。もともと勉強も遊びも集中することがあまりない。成績もよくない。頑張らなければいけないと思うものの、成果を出せない自分が情けなかった。

「そんなんじゃお父さんみたいになるよ。あんなふうになったらおしまいよ」

 そう言って母親は「勉強頑張りなさい」と繰り返すのだった。 

 小学6年生のとき、担任の先生が親身になって相談にのってくれた。 

「ちょっとずつでいいんだよ。成績を上げる努力をして、それがわかればご家族もきっと理解してくれる」

 ナオトは予習をして授業にのぞむなど少しずつ努力をした。先生が褒めてくれるので、ものすごく嬉しかった。努力の結果は成績表にもあらわれ、それまでどうしても2しかとれなかった国語が3になった。

「やればできるんだ。少しは褒めてもらえるかもしれない」 

 そう思って報告すると母親は、

「3で喜んじゃいけない」

小学生のうちに国語ができるようになっておかないと中学で苦しむよ」

 内心はほっとしているのだが、もっと頑張ってほしいという気持ちで厳しくあたるのだった。ナオトは心底がっかりした。頑張っても評価してもらえないんだと思い、それ以来コツコツ努力することをやめてしまった。

無気力になったナオトが虜になったもの

 その後、高校はなんとか卒業したものの、何に対しても前向きな気持ちが起きない。先生に言われるままに機械メーカーに就職したが、3か月で離職。家にひきこもってゲームをする毎日だ。

 母親は「だから勉強しろと言ってきたのに」「どうしようもないクズになった」などと叱責ばかりする。ナオトも「このままではいけない」と危機感を持ちつつも、「お父さんのせいだ。家を出ていかなければこんなことにならなかった」と原因を父親に求めるようになっていった。

 そんなとき、コンビニで中学時代のゲーム仲間のタケルに会った。平日の昼間にだらしない服装でコンビニに来ているタケルも、やはり無職でゲームをしながら過ごしているとのことだった。ふたりはすっかり意気投合し、タケルアパートに遊びに行くと「気持ちがラクになるものがあるぜ」と教えられたのが大麻だった。

「外国じゃ普通だし、副作用もないし。他はともかく、大麻は大丈夫

 ナオトはすぐに大麻の虜(とりこ)となった。大麻を使うと、あっというまに多幸感につつまれ、悩んでいた自分がバカらしく思える。そして、自ら売人に接触し、単独で使用するようになっていった。

言葉は受け手によって180度変わる

 ナオトは母親から「頑張って」と繰り返し言われていました。「頑張って」は、一般的に応援の意味で使われる言葉です。しかし、ナオトは「応援してもらっている」とは感じませんでした。むしろ、否定的な言葉としてとらえていました。とくに父親に対する悪口をさんざん聞かされており、自分が父親と重ね合わされ同一視されていると感じていたので、「頑張って」は自分を否定する言葉にしか聞こえなかったのでしょう。

「頑張れないおまえはダメだ」「もっとやる気を出さないとダメだ」と言われている気がしたのです。

「頑張って」のように言葉自体はポジティブなものであっても、被害感や疎外感が強い子は否定的に受け止めます。非行少年によく見られることです。ひねくれてしまって社会を斜に構えて見ている状態では、励ましや応援の言葉も「バカにしやがって」というようなものです。

 そもそもなぜ被害感や疎外感が強くなったかといえば、親子間における日ごろのコミュニケーションに問題があるわけです。ナオトの場合、父親のことはさておいても、「あなたのことを大事に思っている」ということが伝われば、また違った受け止め方をしたでしょう。

 ナオトのような非行少年の親でも、別に暴言を吐いたこともないし、いい言葉をたくさん言っていると思っている人はいます。しかし、大事なのは子どもの主観的現実です。どんな言葉を使うかも大切ですが、子どもがどう受け止めているかに配慮しているかどうかも大切なのです。

 たとえば親が子どもに対して説教をしているとき。話していることは非の打ちどころのない正論かもしれません。丁寧な言葉を使っているかもしれません。しかし、親からすれば「いいことを言った」と思っていても、子どもからすると「何もわかってない」と思うことはよくあるわけです。

 少年鑑別所での面会の様子などを見ていると、それが如実(にょじつ)にわかります。「親はいいことを言っているが、子どもはまったく信用していないな」と思います。

 そういう親は「頑張れって応援してきたのに、うちの子は全然こたえようとしなかった」と言います。子どもは応援だと受け止められなかったのです。同じ言葉でも、受け止め方は同じではありません。180度違うことだってあるのです。そこに気づかなければなりません。

「頑張って」の言葉で意欲を持たせることはできない

「頑張って」という言葉は、「意欲を持て」という意味で使われることがあります。ナオトは小さい頃から勉強にも遊びにもあまり意欲的ではありませんでしたが、親が「意欲を持て」と言って持てるものではありません。「やる気を出せ」も同じです。 

 意欲=やる気は自分の内側から出てくるもので、他者が植えつけることはできません。ただ、意欲を促すことはできます。心理学ではこれを「動機づけ」といいます。

 うまく動機づけをすることができれば、ナオトももっといろいろなことを頑張れたことでしょう。小学校の担任の先生は、ナオトの努力を褒めて勉強への意欲を促進することができていました。ところが、母親は褒めるどころか逆のことをしました。内心はほっとしているのに、「これくらいで満足するな」「もっと頑張れ」とたきつけるのです。

 これではせっかく芽生えたやる気もそがれてしまうというもの。本当はこのときが大きなチャンスだったのです。頑張ってみよう、努力してみようと思って実際に行動したナオトのことを褒めてあげるべきでした。たとえ結果が良くなかったとしても、プロセスを褒めることで意欲は高まります。「頑張って」ではなく、「頑張っているね」「よく頑張ったね」と認めることが応援になり、意欲を伸ばすことになるのです。 

 頑張ったことさえ否定されたナオトは、努力することをやめてしまいました。その後、引きこもって生活をしながら、焦りはあるものの、自分で課題解決する意欲を持つことができません。そして友だちからの誘いをきっかけに、大麻に逃げることになりました。

 まさに現実逃避です。現実から簡単に目を背けられ、忘れることができるものとしてすぐに依存することになります。こうなってしまうと、現実に向き合い課題解決への意欲を持つことはますます困難なのです。

「努力してもムダ」——学習性無力感とは

 自分が何をしたって、どうせ状況は変わらない。努力してもムダ……。もともとやる気がないわけではなく、行動しても結果が出ないことを何度も経験するうちに、やる気を失い行動しない状態を「学習性無力感」と言います。心理学マーティン・セリグマンが1967年に提唱した概念です。

 セリグマンは次のような実験をしました。

 犬を2つのグループに分け、どちらも電気ショックが流れる部屋に入れました。Aグループは、スイッチを押せば電気ショックを止めることができます。Bグループは何をしても止めることができません。

 これを経験したあとに、両グループを低い壁で囲まれた部屋に入れました。この部屋にはやはり電気ショックが流れるのですが、壁を飛び越えればそれを避けることができます。Aグループの犬は壁を飛び越えて電気ショックから逃れることができました。しかし、Bグループの犬は、壁を飛び越えれば逃げられるにもかかわらず、そのまま電気ショックの部屋にい続けました。

 つまり、自分が何をしても電気ショックを止められないと学習した犬は、逃げられる環境になっても行動しなかったわけです。「何をしてもムダだ」とあきらめてしまったのです。

 学習性無力感の状態に陥ると、「次は成功するかもしれない」「別の方法で試してみよう」という気が起こりません。やればできることも、行動しなくなってしまいます。 

 第1章でお話ししたプリゾニゼーションによって起こるものと、表面上は似ていますが違います。プリゾニゼーションは、禁止されることが多く、命令に従っているうちに自分で判断や行動をしなくなるというものです。

 一方、学習性無力感は自由な環境でこそ起こります。結果が出ないことを繰り返したせいであきらめてしまうことです。こちらのほうが現実の社会には多いだろうと思います。

 学習性無力感に陥らないためには、やはりプロセスを褒めること。結果がどうであれ「やってみよう」と思ったこと、そして少しでも行動に移したことを褒めます。

 たとえばテストに向けて勉強をしている姿を見たときに、「頑張っているね」と声をかけます。難しく考える必要はありません。あ、動いているなと思ったときにポンと言ってあげればいい。行動していることを見ているよ、ということを伝えればいいのです。プロセスに注目して褒めてもらえると、結果が良くなくても「次はもっと頑張ろう」「今度はやり方を変えてみよう」というように前向きになることができます。

 もちろん、良い結果に対し褒めることも重要です。しかし、結果のみに注目するのは良くありません。頑張っても結果につながらないことはいくらでもあります。それでもまたチャレンジしようと思える子に育てるためには、プロセスを見て声をかけることを習慣化することです。

やる気がなさそうに「見せているだけ」ということも

 本人は頑張っているつもりだけれど、やる気がないように見えることもあります。非行少年は「やる気がなさそうに見える」子が多いです。努力している姿を見せるのがかっこ悪いと思って、あえてやる気がなさそうに振る舞っている場合もあります。大人に不信感を持っており、ひねくれてしまっているのです。

 そういう子に対して「やる気出せ」「頑張れ」と言っても逆効果です。「うるせぇ!」と、反抗し努力をやめてしまうでしょう。

 やる気がなさそうに見える子でも、何かしら行動をしていることがあるはずです。それを見つけてすかさず声をかけるのが一番です。

「おっ、やってるじゃん」 

 それだけだっていいのです。

「別に何もやる気ない。努力なんかしたってムダだし」と冷めた態度の非行少年に対しても、ちょっとした行動を見つけてプロセスを褒めるうちにバーッと喋(しゃべ)るようになるということがよくあります。

 ひねくれていたのが、元のまっすぐな状態に戻っていくようです。ひねくれてしまった大人を戻すのはそれなりに難しいと思いますが、子どもの場合はさほど難しくありません。少年鑑別所にいる、ひねくれ度MAXのような非行少年でさえ素直に戻るのですから。やる気がなさそうだったり反抗的だったりするからといって、親やまわりの大人がすぐにあきらめるようではいけません。

(出口 保行)

写真はイメージです ©iStock.com