パンやフルーツなどの食品や飲料に付いているシールを集めて、商品が当たる抽選に応募したことがある人も多いだろう。

現在ツイッター上では、ノートいっぱいにシールを集めた人が話題になっている。

【話題のツイート】集められたシールが規格外


■毎日の習慣で…

多くの注目を浴びているのは、ツイッターユーザーたんぽぽちゃん」のある投稿。「ディオ『今までに食ったパンの枚数を覚えているのか?』わたしキウイなら分かる』」というコメントを添え、1枚の写真を投稿した。

キウイ

そこにはノートいっぱいに敷き詰められたゼスプリのシールが…。「今までに食ったパンの枚数を覚えているのか?」というのは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部「ファントム・ブラッド」のキャラクターであるディオ・ブランドー名セリフの一つだが、「キウイなら分かる」というキレッキレな返しに、ディオ自身もたじろいでしまうであろうこのシールの量。

今までどれだけのキウイを食べてきたのかが気になるところだ…。


関連記事:店頭で遭遇したランチパック、なぜか人々をビビらせる 「こっちの点数」が貯まると…

■驚きの枚数に公式も反応

この写真には投稿後数日でいいねが15万件を超えるいいねが寄せられ、「天才すぎてやばいです しかも綺麗に並べていらっしゃって尊敬でしかないです」「何個食べた?」「す、すごい…」「ディオ出すあたりもセンスが神。ふふふって笑っちゃった」など、様々なコメントが相次いでいる。

また、ゼスプリキウイの公式からも「いったい何個のキウイの栄養を吸い取った!?」というコメントが寄せられていた。

■キウイブラザーズ欲しさに?

話題になったツイートについて投稿者に話を聞いたところ、キウイシールを集め出したきっかけについては「母とゼスプリのキウイブラザーズにハマっていてぬいぐるみの懸賞応募目的で集め始めました」とのこと。

また「実家を出てからは各々で集めていたのですが、何度応募してもあたらず、そのうち台紙に移し替えるのも面倒になり今に至ります」というコメントも見られ、これだけ量を集めていても当たったことがないという意外な事実も判明。

集めたシールは、ノートのぶんだけでも100枚を超えており、「実家にあるぶんや今まで応募したぶんを合算したらすごい数になってそう」と話す投稿者。現在も毎日キウイを食べており、今後も懸賞のために集める予定だそう。


■愛犬についても紹介

インパクト満載の「キウイシール」で話題になったツイート投稿主だが、同アカウントの活動は愛犬の様子や保護犬に関する情報発信がメインとなっているそう。投稿主も自身も、ペットの保護活動をする人物から繁殖引退犬の「たんぽぽちゃん」を引き取り、大切に育てているのだ。

「いま日本にはたんぽぽちゃんのような繁殖犬がたくさんいて、保護団体は常に満員状態です。ペットショップに行く前に保護犬を迎え入れることをご検討いただいたり、犬が飼えなくても募金や支援物資などできる場合もありますのでご協力いただけると嬉しいです」というコメントが、とても印象的であった。

・合わせて読みたい→気づくと貯まってたポイントカード、一体なぜ… その背景が「微笑ましすぎる」と話題

(取材・文/Sirabee 編集部・堀莉奈

一見普通のノート、その中身に目を疑う… 吸血鬼も裸足で逃げ出す「オーラ」が話題