自由人の代名詞とも言われるパチプロ。前回はそんなパチプロたちのその後を紹介し、話題となった。紹介した2人のその後は塾の先生と工務店経営と、いうなれば成功者。だが、読者からは「元パチプロはみんな成功しているとは限らない」や「泥沼にハマッたヤツのほうが圧倒的に多い」という声も……。

 そこで今回は「オレのようになるな!」と言わんばかりの“パチプロ版しくじり先生”を紹介したい。

◆パチプロから風俗経営で失敗してFXで散った男

 最初に紹介するのは久保田純二さん(仮名・45歳)だ。久保田さんは専門学校を卒業後、アルバイトで生活しながらパチスロにどっぷりとハマり、その後、専業となったという。

「専門を出てからバイトパチスロの毎日。ちょうど初代獣王が出て、爆裂機時代になった頃くらいからバイトも辞めてスロット一本で食っていた。当時、爆裂機は設定6を摑めばほぼ万枚確定。設定6を確実に入れるホールイベントを狙って、4,5人の仲間でノリ打ちして稼いでいた。AT機に規制が入ってストック機が主流になったら、ノリ打ちはやめてピン(1人)で。イベントゲーム数のハイエナで十分に勝てた時代だった」

 ちゃんと収支は付けてなかったという久保田さんだが、30歳の頃には貯金が1000万円あったというから、たいしたものである。4号機時代は終わり、パチスロ冬の時代と言われた5号機時代になると収入は下がったものの「高設定Aタイプ狙いで収支は安定していた」という。

パチンコで稼いだカネで風俗店を開業することに…

 久保田さんの人生に転機が訪れたのはちょうどその頃だ。

2009年に知り合いからデリヘルを共同出資して一緒にやらないかって誘われた。でも、風俗なんて素人がやってもうまくいくワケないんだよ。風俗で働きたい女はたくさんいて、そういうコを集めれば客は適当に来ると思ってたけど、もう、考えが甘過ぎだったね。いきなり開店休業状態(笑)。客が来なくてお茶を引いたコって、日銭が入らないわけでしょ。お金もらえなきゃ別の店に行っちゃうから、営業も頑張らなきゃいけないし、辞められたら困るから最低保障分のカネも払わなきゃいけない。

 おまけに、風俗で働くコってやっぱはみ出し者だから、扱いが大変なんだよ。時間通りに出勤させるために毎日電話したり。それにさ、やっぱいろいろな事情があって風俗で働いてるワケじゃない。だからちゃんとケアもしなきゃいけない。仕事終わってから朝まで飲みながら相談乗ってやったのに、その日の夕方にバックレされたりして、こっちが人間不信になるよ(笑)。他にも客からのクレームがあれば頭下げに行ったり、ヤクザが因縁つけてみかじめ料要求してきたり。送りのドライバーがいなきゃ代わりに運転しなきゃいけないしさ……。寝る間も惜しんで働いてたな」

◆風俗で失敗した負い目がプロとしての感覚を狂わせた

「あの頃が一番ちゃんと働いてたかも(苦笑)」という久保田さん。ツテを頼って風俗のコンサルを入れて経営改善するなど頑張ったが結局、2年ほどで精神的にも金銭的にもギブアップ1000万円以上あった貯金もわずか200万円程になっていた。とは言え、また元のパチプロ生活に戻ればなんとかなったのではなかろうか。

「ちょうどパチンコマックス機の時代で、クギ読んで回る台でタコ粘りするスタイルで頑張ったんだけど、設定のあるスロットと違ってパチンコはいくらクギが開いてても1/399のマックス機は、ハマる時はむちゃくちゃハマる。ボーダーより+2回転くらいの台でも初当りを早く引けないと現金投資の泥沼状態にハマる」

パチンコマックス機の一撃性の中毒に…

 スロットで食えていたという自負があるならば、パチンコではなくスロットでしのげばよかったのではないのだろうか。そんな疑問をぶつけてみると……。

「ちょうどパチプロ生活に戻った2011年って爆裂5号機前夜で、モンキーターンとか出始めた頃だったんだけど、一撃のあるマックス機の魅力には勝てなかったというか、感覚が麻痺しちゃった。2日続けて負けてマイナス8万くらって、3日目に10万勝ってプラス2万だ、やったー!みたいな。昔なら、ここで冷静になって3日で2万なら日当7000円切ってるからヤバイとか思って、気持ちを引き締めて打ったと思う。たぶん、風俗やって大損こいたっていう負い目が焦らせちゃったっていうか、何か狂わせたんだろうね」

◆一発逆転を狙ってFXで散る

 そんな久保田さんにトドメが刺さったのがFXだった。

「一発逆転を狙ってFXの勉強してデイトレにシフトしようとしたんだけど、あっけなかった。半年くらいでパンク2013年アベノミクス効果で円安になった相場でしっかり勝てなかったんだから、オレには才能がなかったんだよ」

 FXで貯金を使い果たし、パチンコパチスロでは収支もままならない。かくして久保田さんは働かざるをえない状況に陥ったのだが、専門学校を出てから一度も働いたことがない30代半ばのおっさんにまともな仕事はなかった。

履歴書に書くことがないんだよ。22歳くらいまでやってたカラオケ屋のバイト、風俗経営なんて書けるか?って。結局、履歴書なんて関係なく雇ってくれるとこなんて、期間工くらい。車の工場とか、福島の除染作業にも行ったな。

 コロナ前にはタクシー運転手になろうと思ったけど、コロナタクシー業界が厳しくなっちゃった。でも、コロナになってからはウーバーの配達員でけっこう稼げたんだけど、最近はさっぱり」

 久保田さんは最近、清掃のアルバイトとたまにウーバーの配達をしてなんとか食いつないでいるのだとか。

◆なぜしくじったのか……自問自答する

 そんな久保田さんに自身の「しくじりポイント」はどこだったのか聞いてみた。

「ダメだったらまたスロットで食えばいいって甘えた考えを持ったことじゃないかな。あの時、スッパリ足を洗って風俗で食ってやる、風俗王になってやるくらいの気持ちが必要だったと思う。そのくせもう一回プロで食おうと思って戻ったのが、スロットじゃなくてパチンコマックス機であったり、FXに走っちゃったり。どうせならしっかり勉強してスロットに戻ればよかったんだよね。

 あと、感じたのはパチプロって職業はずっと続けているからプロであり続けられるんじゃないかってこと。もしもだよ、仮に天性の才能としてパチプロの才覚がある人がいたとしても、いきなりプロにはなれないでしょう。勝ったり負けたりを繰り返して、ホールのクセや台の挙動、クギの読み方、設定推測とか覚えてようやくその才覚って花開くわけ。2年間とはいえ、ブランクパチンコパチスロで食うためのいろんな勘を狂わせた。ずっと打っているから仕様が変わっても対応できるし、出玉規制とかあっても金銭感覚が付いていけるんじゃないかって」

 パチンコパチスロも5年以上触っていないという久保田さん。では、これからの人生プランをどう考えているのだろうか。

「もう少し経済的な状況がコロナ前くらいに戻って来たら、タクシー運転手に応募してみるつもりだったけど、今やっている清掃のバイト先から契約社員のお誘いももらっている。清掃のバイトをやってみて思ったんだけど、清掃って行為がけっこう好きなんだよね、自分は。頑張ればフランチャイズで独立開業もできるみたいだし、もう一度本気で頑張ってみてもいいかなぁって思ってる」

 45歳、まだまだ人生を諦めるのは早いだろう。久保田さんの更なる奮起に期待したい。

取材・文/谷本ススム

【谷本ススム】
グルメ、カルチャー、ギャンブルまで、面白いと思ったらとことん突っ走って取材するフットワークの軽さが売り。業界紙、週刊誌を経て、気がつけば今に至る40代酔っ払いライター

写真はイメージ