妊娠・妊婦・姉妹・友達・お祝い

人生にはさまざまな出会いがある。価値観が変わるほど素晴らしいものもあれば、またその逆も。そして何が人と人を引き合わせるかも予想できない。Facebookがもたらしたある奇跡の出会いを、イギリスの『The Sun』や『Mirror』が紹介している。


■女性の4500人に1人が…

イギリスウェールズに住むローラ・サーティスさん(29)は16歳のとき、子宮を持たずに生まれてくるロキタンスキー症候群Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser症候群)であることが判明した。

これは先天的に子宮と腟の一部、もしくは全部が欠損しているもので、女性の4,500人に1人の割合で発見されている。

それ以降、結婚して子供を持つことをあきらめていたローラさんだが、2016年7月にルイスバッターハムさんという2歳年上の男性に出会い、恋に落ちた。


関連記事:56歳女性が息子夫婦の代理母になる決意 「子供がお腹にいると気持ちがパワフルに」

■「彼の子供を産みたい」

順調に交際を重ねていったふたりは、2018年12月に婚約。ローラさんは「彼と一緒に子供を育てたい」と強く願うようになった。

そこでローラさんは2020年11月ルイスさんの許可を得てFacebookに「私は生まれながらにして子宮がなく、子供を授かることができません」「私たちのため、最高のギフトを贈って下さる女性を探しています」と書き込んだ。

■多くの女性から反響

多くの反響があったなか、近くに住む女性から「ぜひとも代理母になりたい」という返信が飛び込んだ。クロエトーマスさん(31)という2児の母親で、カフェで会ってみたところ、3人はすぐに意気投合した。

代理母出産についても話はスムーズに進み、2021年9月には体外受精を経てクロエさんの子宮への受精卵の着床も成功。めでたく妊娠が判明した。


■難産を乗り越え女児が誕生

翌年5月14日の早朝、クロエさんに陣痛が起こり、一同は病院へと向かった。胎児と母体の心拍数が上昇し、大量出血が始まったことから緊急帝王切開が行われ、ついに3,742グラムの女の子が誕生。ウレンちゃんと名付けられた。

ローラさんは「クロエさんに出会うまでは、友人の子供を見るのもつらかった。彼女のおかげで私たちの人生はガラリと変わりました」と明かしている。

また「彼女は大切な家族です」と話すとおり、ローラさんとクロエさんは日々連絡を取り合い、毎週家族で集まるのが恒例になっているという。

・合わせて読みたい→子宮と膣を2つずつ持つ“重複子宮”の女性 「同時に別の男性の子を宿すかも」

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

生まれつき子宮のない女性と代理母を申し出た女性 出産後は家族ぐるみの付き合い